勃起させたペニスの先端にみかんを載せて…! 北陸地方に実在したチン妙な“正月遊び”を経験者が激白

【日本奇習紀行シリーズ 北陸地方】

勃起させたペニスの先端にみかんを載せて…! 北陸地方に実在したチン妙な正月遊びを経験者が激白の画像1
画像は「getty images」より

「お正月には 凧あげて こまをまわして 遊びましょう はやく来い来い お正月」。唱歌『お正月』にも歌われているように、かつて、子供たちにとってのお正月の遊びといえば、凧揚げや駒回し、そこから時代を下っていくにつれて、トランプなどのカードゲームや、テレビゲームなどと、時代の遷り変りと共に、その内容もまた変化していくこととなったが、日本のとある地域においては、その昔、なんとも珍妙極まりない遊びが、少年たちの間で行われていたという。

「たしかに、このあたりじゃみんな夢中になってやったもんだよ」

 かつて北陸地方のとある地域で行われていたという、子供たちの“正月の遊び”についてそう語りはじめたのは、当地で生まれ育ち、現在も代々伝わる旅館の主として現役だという、横瀬喜八郎さん(仮名・84)。横瀬さんの話によれば、彼がまだ子供だった頃、当地の少年たちの多くは、毎年正月になると、“ペニスの勃起力比べ”ともいうべきなんとも珍妙な遊びにのめりこんでいたのだという。

「あのね、正月餅の上に、橙を載せるでしょ。あれをね、自分の家から持ち出して、みんなで広場なんかに集まるの。それで、自分のナニをしごいて立たせてね、その先っちょに橙を載せる。でも、だんだん時間が経ってくると、フニャっとなってきて、橙が落ちるでしょ。要はね、誰が一番長くね、橙を落とさないで済むかを競うっていう。そういう遊びだね」

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
12歳の少年少女が“成長具合”を観察され、全裸で海へ…! 中部地方の特殊なエローカルルールとは?

12歳の少年少女が“成長具合”を観察され、全裸で海へ…! 中部地方の特殊なエローカルルールとは?

【日本奇習紀行シリーズ 中部地方】  日頃はあまり話題...