1月20日は19世紀フランスを代表する画家ジャン=フランソワ・ミレーが死亡した日!

1月20日は19世紀フランスを代表する画家ジャン=フランソワ・ミレーが死亡した日!の画像1
(画像はWikipedia Jean-François Milletより使用。Public Domain)

『ジャン=フランソワ・ミレー作「La Mort et le Bûcheron(死と木こり)」』

 1875年1月20日は、19世紀フランスのバルビゾン派を代表する画家、ジャン=フランソワ・ミレーが死亡した日である。


 農家に生まれ、代表作『落穂拾い』『種まく人』に始まり、その生涯を通じて農民画を描き続けたミレー。


 そんなミレーの作品の中でも異色なものが、この『La Mort et le Bûcheron(死と木こり)』である。


 発表当時は1859年のサロンで落選するなど評価の分かれる作品であったが、木の枝を束ねた木こりの肩を急遽掴むように引き留める死神がはっきりと描かれた作品である。


 写実の中に人間の悲哀を込めるミレーの作品にあっては珍しく幻想的な作品であるといえるが、その死神の飾り気のなさと唐突さは、ミレーの他の作品と同じような《真実の重み》を湛えている。


 人間の死はどのような人物にでも平等であり、いずれの人生でも、我々はこのように肩を掴まれる日を待っているのだ。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

人気連載
奇習! 節分の夜に行われる“鬼”との乱交セックス! 豆まきならぬ「お豆いじり」の風習

奇習! 節分の夜に行われる“鬼”との乱交セックス! 豆まきならぬ「お豆いじり」の風習

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】   毎年節分の時期...

人気連載
「この春のアナタの運命&運気」がわかるLove Me Doの4択占い! 生活激変、疲れ、悲しみ…!

「この春のアナタの運命&運気」がわかるLove Me Doの4択占い! 生活激変、疲れ、悲しみ…!

■春のあなたの運気予報~2020~ 「あなたが正義のヒー...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。