松嶋菜々子「休業説」の根深い闇とは!? 背後に不審人物か…

 当時、この建設は極秘だったところ筆者も参加していた記者チームがその住所をスクープしたため、松嶋サイドから法的措置を取る警告を受けた。このとき住所のネタ元にもなった関係者から聞かれたのが松嶋を追うストーカーの存在だった。

 その後、夫妻は仕事上の便が悪かったからか、早々に都内の高級マンションに移っていたが、その際にも浮上したのが米・ロサンゼルス移住だった。07年ごろ、松嶋と長女が外国人講師による英語の個人レッスンを受けていたという話から、ロスにある高級コンドミニアム購入プランが持ち上がったというものだ。結局、移住はなかったのだが、このときも一部メディアで「海外移住プランはストーカー対策」と報じられていたのである。

 そんな過去の経緯を考えると、万一にもストーカー被害があったなら海外移住計画を再燃させても おかしくはないが、問題は事務所がヒステリックに反論したほど松嶋が超売れっ子女優であること。本人がそう望んでも周囲が待ったをかけることをは間違いなく、休業案があっても第一線から退くのは容易ではなさそうだ。

文=藤堂香貴/NEWSIDER

関連キーワード

コメント

1:匿名 2020年1月19日 13:49 | 返信

ドーベルマンのカイザーはまだ生きているかな?
ドーベルマン噛みつき問題のあの犬
年齢的に老犬になっているろうな

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。