眞子さまは結婚しても「はい、一般人」とはなれない!? 宮内庁が小室圭さんとの結婚強行より恐れる“英王室スキャンダル”の余波とは!?

眞子さまは結婚しても「はい、一般人」とはなれない!? 宮内庁が小室圭さんとの結婚強行より恐れる英王室スキャンダルの余波とは!?の画像1
サンデー毎日増刊 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ』(毎日新聞出版)


 宮内庁関係者は嫌な予感しかしないだろう。

 英王室のヘンリー王子(35)と妻のメーガン妃(38)が「王族からの引退」を宣言した。2人は2018年に結婚。メーガン妃は米国生まれの元ハリウッド女優でアフリカ系アメリカ人の母を持つ。当初は英王室に新風を吹き込むと期待されていたが、昨今はド派手な暮らしぶりや、タブロイド紙による人種差別記事の餌食になっていた。

 こうした生活に嫌気が差したのだろう。2人は今月8日に、突然英王室からの引退を宣言。移民の多くが住むカナダに移住し、慈善団体を立ち上げ、活動していくことを明かした。

 これにブチ切れたのがエリザベス女王。ヘンリー王子は王族から引退はするものの、英王室との接点は持ちたい考えだったが、エリザベス女王は毅然と「NO」を突き付けた。結果、英王室からの引退ではなく「離脱」になってしまった。

 日本でも同様のことが起こりつつある。小室圭さんとの結婚問題が泥沼化する秋篠宮眞子さまだ。小室さんの母・佳代さんの借金問題は一向に解決されないまま、秋篠宮殿下が昨年11月下旬に提示したタイムリミットの2月を迎える。皇室担当記者の話。

「殿下は婚約延期を発表して2年が経過した今年2月に、何らかの区切りをつけるよう眞子さまに厳命しました。予定通りに結婚となるか、破談になるかは現時点ではわかりません」

 秋篠宮殿下は佳代さんの金銭トラブルに渋い顔はしているものの、2人の結婚にはそこまで反対ではないとされる。週刊誌記者いわく「娘の交際・結婚情報を懇意にしているNHK記者に嬉々としてリークしたのが、殿下自身とされていますからね。破談となっては自らの顔も潰れるということでしょう」

 対照的に日増しに反対の立場を色濃くされてきたのが紀子さまという。前出皇室担当記者は「佳代さんから騒動に対する謝罪の言葉や、経過報告がないことに不信感を募らせているそうです」と明かす。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ