1月23日はノルウェーが産んだ異能の画家・エドヴァルド・ムンクが死亡した日! 代表作『叫び』と不幸の連続…

1月23日はノルウェーが産んだ異能の画家・エドヴァルド・ムンクが死亡した日! 代表作『叫び』と不幸の連続…の画像1
(画像はWikipedia Edvard Munchより使用。Public Domain)

『「叫び」と1933年のムンク』

 1944年1月23日は、ノルウェーが産んだ異能の画家・エドヴァルド・ムンクが死亡した日である。


 真っ赤な空の元で顔面蒼白な人物が描かれた代表作『叫び』に象徴される「Frieze of Life(生命のフリーズ)をテーマにした連作で知られているムンク。


 そのテーマを「A Poem about Life, Love and Death(人生と愛と死)」であると定義し、人間が生きていく上での不安と狂気を単純な構成の絵画で描ききったという、極めてオリジナルな作家である。


 人間としてのムンクも決して平坦な人生ではなく、ベルリンでの最初の個展が新聞からの批判によって1週間で打ち切りになったこと、交際していた女性の自殺未遂の際に左手中指をピストルで撃ち抜かれる等、その節目ごとに暗い影に覆われている。


 人生で最高の創作をしていたと思われる1900年前後の“Frieze of Life”の時期も、実弟の死、妹の精神分裂病発症等と過ごした時期であった。


 そして、既に国際的な評価を獲得していた1902年頃から、その栄光に反比例するように自身も精神を病んでゆき、1908年10月にアルコール依存症の治療のために精神病院に入院することとなった。


 やがて治療を終えると精神は安定したが、以降の作品に対する評価は精神を病む以前のものとは並ぶことはなかったという。


 最晩年の1940年、ナチスドイツがノルウェーに侵攻してくるとムンクは立て籠もった。


 そして1943年の12月12日に80歳の誕生日を祝った1週間後、ドイツ軍に抵抗するノルウェー人民の爆弾で自宅の窓ガラスが吹き飛ばされ、その夜の寒気で発症した気管支炎が原因となり、翌年1月23日に死亡したのだった。


 生きてゆくことの不条理を、ムンクはその作品だけでなく、その人生、その死で示しているようだ。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ