1月25日は世界王座を5度防衛したボクサー大場政夫が交通事故死した日! 現役王者のまま死去した“永遠のチャンプ”

1月25日は世界王座を5度防衛したボクサー大場政夫が交通事故死した日! 現役王者のまま死去した永遠のチャンプの画像1
(写真はWikipedia Masao Ohbaより使用)

『大場政夫のポートレート』

 1973年1月25日は、WBA世界フライ級王座を5度防衛中の大場政夫が交通事故死した日である。


 1970年10月22日に行なわれた対ベルクレック・チャルバンチャイ(タイ)戦に13回KO勝ちを収め、今や日本最大のボクシングジムとなった帝拳ジム所属のボクサーとして初の世界チャンピオンに。


 その後も世界最強の挑戦者といわれたオーランド・アモレス(パナマ)を5回KOで下すなど、5回連続で王座防衛に成功。


 距離をとりながらも打ちあう逆転の多いファイトスタイルで、“逆転の貴公子”の異名をとり、人気・実力共を兼ね備えたボクサーとして国民的人気を誇っていた。


 そんな人生の絶頂期、5度目の防衛を果たした1月2日のわずか3週間後、自ら運転するシボレー・コルベットで首都高を走行中に衝撃的な事故死をした。


 5号池袋線の大曲カーブを曲がりきれずに反対車線に飛び出し、大型トラックと正面衝突。トラックの車体の下敷きになった大場の愛車は大破しており、即死だった。


 極貧の環境で育ち、中学校卒業と共にボクサーになったものの、生来の貧弱な体故にボクサーとしての資質を疑われた大場。


 そんな逆境を持ち前の努力と才能で世界に証明してみせた矢先の悲劇だった。


 現役王者のまま死亡した大場を、人は“永遠のチャンプ”と呼び語り継いでいるが、大場自身がその栄光を実感できたのは、たった2年半にも満たない僅かな時間であった。しかし、数あるスポーツの中でも最も死と近いと言われるボクシング競技だけに、その2年間という幸福は、決して短いとも言い切れないのである。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ