1月31日は明治の“毒婦”・高橋お伝の斬首刑が行われた日! 困窮の果てに愛人を殺害、女性器はホルマリン漬けにされ…

1月31日は明治の毒婦・高橋お伝の斬首刑が行われた日! 困窮の果てに愛人を殺害、女性器はホルマリン漬けにされ…の画像1
(画像は仮名垣魯文作「高橋阿伝夜叉譚」より使用。Public Domain)

『仮名垣魯文作「高橋阿伝夜叉譚」挿絵』

 1879年1月31日は、明治初期を賑わせた“毒婦”こと高橋お伝が死亡した日である。


 “毒婦”という言葉は、「人をだましたりおとしいれたりする無慈悲で性根の悪い女。奸婦(かんぷ)」(デジタル大辞泉より)というものであり、明治初期の出版界で大流行し、そこから歌舞伎狂言の一ジャンル《毒婦物》を築くにまでなったが、その代名詞となっているのが1879年の高橋お伝による殺人の物語である。


 故郷の群馬から供に出てきた横浜で夫の浪之助を亡くしたお伝は街娼・妾となり、小川市太郎なるヤクザと恋仲になった。


 その荒廃した生活の果てに経済的に困窮したお伝は、古物商の後藤吉蔵への借金の形に愛人となる約束を取り付けた。


 しかし、いざ吉蔵と浅草蔵前片町の旅籠屋「丸竹」に宿泊してみれば、借金の約束を反故にしたため、睡眠中の吉蔵を剃刀で殺害し、現金を奪って逃げたというものである。


 この事件は、仮名垣魯文による『高橋阿伝夜叉譚(たかはしおでんやしゃものがたり)』(1879年)等、多くの作品で広く報じられ、後の〝鳥追いお松〟と同様に《毒婦物》と呼ばれる流行を築いた。


 そして逮捕されたお伝は1879年1月31日に斬首刑に処されるのだが、それは日本で最後の斬首刑とも言われている。


 死後、その女性器が東京大学にホルマリン漬けになっているということもあり、後世まで話題となり続けた毒婦。


 殺人犯といえど、お伝のその体を張った死にものぐるいの人生が我々の心を惹きつけて止まないのは、後の阿部定の物語をみてもよくわかるように、それらが《人間の真実》を象徴しているからだろう。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

人気連載
新型コロナの「国内パスポート案」が“愚策の極み”である決定的理由はコレだ!天才・亜留間次郎が徹底解説

新型コロナの「国内パスポート案」が“愚策の極み”である決定的理由はコレだ!天才・亜留間次郎が徹底解説

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
アナタの怒りやすさがマジで当たる4択占い! 周囲が抱いている印象も判明、Love Me Doの指摘で自省を!

アナタの怒りやすさがマジで当たる4択占い! 周囲が抱いている印象も判明、Love Me Doの指摘で自省を!

■あなたの“怒り”と周囲の印象 「ある女の子が片付けをし...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ