奇習! 近所の奥さんの「全裸」を見放題・触り放題! 男衆が交替制で女性の体を洗う不思議な入浴習慣

【日本奇習紀行シリーズ 北関東】

奇習! 近所の奥さんの「全裸」を見放題・触り放題! 男衆が交替制で女性の体を洗う不思議な入浴習慣の画像1
女湯で流し中の三助。ジョルジュ・ビゴー画。画像は「Wikipedia」より


 かつて日本の公衆浴場では、風呂焚きから客の背中流し、髪すきといった様々な労働に従事する者がおり、男性は三助、女性は湯女と呼ばれていたという。無論、こうした仕事は、近代化が進むにつれて姿を消していくこととなったが、日本のとある地域においては、村の男衆による“ボランティア”という形で、たった半世紀ほど前まで、こうした行為が続けられていたのだそうだ。


「最近では誰もやりやしないけども、昔はみんなでやっていたもんだよ」


 北関東のとある地域で行われていたという、一風変わった入浴の習慣についてそう語りはじめたのは、当地で生まれ育ち、現在もなお、苺農家を営んでいるという長澤正道さん(仮名・85)。なんでも長澤さんの話によると、その昔、当地の共同浴場においては、村で暮らす男性たちが、交替制で女湯の「三助」役を担っていたのだという。


「毎週当番が決まっていてね。今週がこの家なら、来週はあの家という具合に、各家の男たちがね、持ち回りでやってたんだよ。といったって、ここいらは温泉だからね、湯を沸かす手間もなくてさ。掃除と女の背中を流すのが主な仕事だね」

奇習! 近所の奥さんの「全裸」を見放題・触り放題! 男衆が交替制で女性の体を洗う不思議な入浴習慣の画像2
画像は「getty images」より


 現在とは違い、各家に風呂がなかった時代、集落で暮らす人々の大半は、共同浴場を利用していたという。しかし風呂場が1つしかなく、男女の別もなかったため、前半が男湯、後半が女湯といった具合に、時間で区切って入浴していたのだそうだ。そうしたなか、三助の当番となっている男性は、男湯がはじまる前に掃除を済ませて湯を張り直すと、女湯が始まるまで休憩。その後、女湯の開始とともに浴場で待機し、女性客がくると、彼女たちの背中を流す仕事に励むのだという。


「まあ、風呂の掃除やら何やらってのは、あれでなかなか骨が折れるんだけどもね、その分、隣近所の奥さん連中の裸を拝めるし、触り放題なもんだからね、私ら男たちは自分の当番になるのを楽しみに待ってたもんだよ(苦笑)。もっとも、若い頃はムラムラっときちゃって、我慢するのが大変だったけどもね」


 そもそも女性客しかいない浴場で、男性が彼女たちの背中を流すためにいるという光景自体、今の時代では考えにくいことであるが、その実、長澤さんの話によれば、昭和40年代半ばまで、当地では当たり前のように、こうした行為が習慣が続けられていたのだという。現代の世に暮らす男性諸氏にとっては、なんとも羨ましい話であるといえるかもしれない。

●戸叶和男の記事一覧はコチラ

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ