パワースポットツアーで「カルト勧誘」しているXとは!? 年会費30万円、過去に週刊誌やTVにも出演…

パワースポットツアーで「カルト勧誘」しているXとは!? 年会費30万円、過去に週刊誌やTVにも出演…の画像1
画像は「Getty Images」より引用


 スピリチュアル系団体が昨年10月に開催したパワースポット巡りツアーで、参加者がカルト団体にしつこく勧誘されたという被害報告があった。さらに、そこでは人気グループのメンパー・Xの名前や写真が、本人や所属事務所に無断で使用されていたようなのである。

 ツアーは9月、さいたま市などの一部にポスト投函された広告により募集されたもので、「児童養護施設チャリティ」として「3000円以上の募金をする条件」に、「三大パワースポットを巡るランチ付き」のバスツアーが旅行代金無料になるというもの。何度か開催されたようだが、そのひとつに参加した60代男性によると、参加者は20名ほどで、行き先は神社2カ所、そしてもうひとつ「当日まで明かさない極秘パワースポット」で、女性添乗員ひとりを乗せて出発したという。

「午前中に2つの神社を巡ったあと、ランチタイムになったんですが、食堂ではなく雑居ビルの会議室に案内され、400円ぐらいの安そうな弁当が配られたんです。チャリティの安いツアーだから、それはいいんですが、その場に5人の男がやってきて、ひとりが『もうひとつのパワースポットは、実はここです』と言ったんです」

 男は「本当のパワースポットは場所ではなく、人にある。パワーを持った人が別の人にパワーを与える。私がそのパワーを思っているから、この場がパワースポット」という話をして、ポスター大に拡大された一枚の写真を広げたという。それは男がXと一緒に写ったもので、「彼こそ私にパワーを与えてくれた人物」だとし、昨年にパワーをもらって以来、幸運続きで事業も大成功したエピソードを長々と話し始めたという。ただ、他4人の男が話に合わせて一斉に拍手したり「それはすごい!」とコーラスしたり、奇妙な演出があったという。

 男はXと同じ4月が誕生月だと言い、「この中にもひとり4月生まれがいるはず」と言うと、参加者の数名が「4月生まれ」と名乗りを上げた。すると男は「これがシンクロニシティという生体エネルギーによる結果。自分がどんどん良い人間たちに導かれていく」と説明、その後も出身地や年齢、「3人兄弟の次男」などと言い、共通する参加者に「生体エネルギーが合致する」と言い、最終的には参加者全員が当てはまったという。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ