2月1日は映画『ポルターガイスト』の天才子役ヘザー・オルークが急死した日! 関係者が続々死亡、呪われた映画…

2月1日は映画『ポルターガイスト』の天才子役ヘザー・オルークが急死した日! 関係者が続々死亡、呪われた映画…の画像1
(画像はトビー・フーパー監督作品『ポルターガイスト』(1982年/アメリカ)

『ヘザー・オルーク7歳時の初出演映画『ポルターガイスト』のアメリカ版ポスター』

 1988年2月1日は7歳の頃から子役として活躍していた女優のヘザー・オルークが急死した日である。
 1982年にスティーブン・スピルバーグ製作・脚本のホラー映画『ポルターガイスト』の主役一家の末っ子役でデビューしたヘザー・オルークは、その無邪気で繊細な演技で天才子役と呼ばれており、同作の大ヒットを受けて続編の3作目まで全ての作品に出演した主要な役者でもあった。
 しかし、この作品が公開されて以来、出演者、製作スタッフに不幸が相次ぎ、その最後を締めくくったのがヘザーの死なのである。
 まず第一作の公開から約半年後(映画公開は1982年6月4日)の1982年11月4日に、出演女優のドミニク・ダンが、自宅で復縁を迫る男性に絞め殺された。
 さらに、1986年5月23日に公開された2作目の『ポルターガイスト2』に出演した俳優のジュリアン・ベックが同年9月14日に、ウィル・サンプソンが翌年6月3日に死亡。
 そして1988年6月10日の『ポルターガイスト3』公開を待たずに、撮影直後の同年2月1日にヘザー・オルークが急死したのである。死因は敗血症性ショックにより複雑化した急性腸閉塞(先天性腸閉塞)の修復手術中の心停止と発表されている。
 そしてこの“呪われた映画”のストーリーはまだ続く。2作目の監督のブライアン・ギブソンは2004年1月4日に骨肉腫で死亡し、1作目に端役で出ていた俳優のルー・ペリーマンは2009年4月1日に出所してきたばかりの26歳の男性に斧で惨殺されている。
 最後の2件はともかく、3作の公開中に死んだ4人の俳優たちは、“呪われている”と呼ばれるに相応しい時期になくなっている。
 作品自体が呪いをテーマにしたホラーであっただけに、この少女の死が呪いの文脈で語られることはこの先も避けられないことだといえるだろう。
 ちなみに『ポルターガイスト』はサム・ライミの手によって2015年にリメイクされたが、今のところ訃報は聞こえてこない。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ