次は未成年女性「好感度タレントX」と「国民的人物Y」が危険!?「2つの激ヤバスキャンダル」が裏社会から持ち込まれる!

関連キーワード:

,

,

次は未成年女性「好感度タレントX」と「国民的人物Y」が危険!?「2つの激ヤバスキャンダル」が裏社会から持ち込まれる!の画像1


 昨今の特大スクープの中には、いわゆる半グレや反社からの情報提供も少なくない。昨年の吉本興業の闇営業問題もその1つで、写真週刊誌「フライデー」(講談社)が一報を伝えたが、それは同時に“彼ら”を目覚めさせることにもなった。

「フライデーの1発目はまだ良かったが、闇営業疑惑を『雨上がり決死隊』宮迫博之以下が完全否したことで、半グレ連中が『それは違う』とばかりに、マスコミに別の写真を持ち込むことになった。最初は低姿勢だったが、引きがあるとわかった途端、半グレ連中は『〇〇(社名)は50万円で買うと言うてる』と複数の媒体を天秤にかけて商売するようになった」(週刊誌デスク)

 メディアがそうした筋からネタを買うのはいかがなものか? これはマスコミにとって永遠の命題ではあるが、そうこうしている今も、裏社会から激ヤバ情報は持ち込まれている。もっか騒然となっているのは、未成年女性タレントXの飲酒&喫煙写真。事情を知る関係者の話。

「昨夏あたりから一部週刊誌に持ち込まれていると言います。違法薬物やゲス不倫に比べると、インパクトはさほどでもないですが、Xがいわゆる好感度タレント。若いのにトークが達者で、出演番組も数多い。これまでスキャンダルとは無縁なため、表に出れば、衝撃は計り知れません」

 Xも自分が狙われていることはうすうす勘付いているようで、最近になって意図的に環境を変えている。

 もう1人はかつて「国民的〇〇」と呼ばれた女性Yだ。現在は結婚して子供もいる。そのYに〝ハメ撮り動画〟が存在するというからシャレにならない。スポーツ紙記者が証言する。

「Yの独身時代に撮られたもので、紛れもなく本人のようだ。ただ、持ち込んできたのが、いわゆる半グレ、それもソッチの世界ではかなりの大物という。結果、持ち込まれたメディア側も委縮している」(週刊誌デスク)

 なぜYが行為を撮られたかは定かではないが、関係者いわく「彼女は周辺人物を含めてファンキーですからね。何らかのトラブル解決のカタで、そうしたものが撮られた可能性はある」。

 どちらにせよ、世に出ればYのイメージは180度一変する。当事者は気が気ではないはずだ。

編集部

人気連載
あなたと好きな人の“心の距離感”がわかる4択占い! 近すぎ、遠すぎ、遠慮しすぎ… 当たるLove Me Doの助言!

あなたと好きな人の“心の距離感”がわかる4択占い! 近すぎ、遠すぎ、遠慮しすぎ… 当たるLove Me Doの助言!

■あなたと好きな人の“距離感” 「好きな相手をイメージし...

人気連載
奇習! 節分の夜に行われる“鬼”との乱交セックス! 豆まきならぬ「お豆いじり」の風習

奇習! 節分の夜に行われる“鬼”との乱交セックス! 豆まきならぬ「お豆いじり」の風習

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】   毎年節分の時期...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。