東出昌大、複数プレーを要求!? 実力派女優Mも毒牙に…暴かれる“性豪”ぶりとは!?

関連キーワード:

,

,

,

東出昌大、複数プレーを要求!?  実力派女優Mも毒牙に…暴かれる性豪ぶりとは!?の画像1
寝ても覚めても: 増補新版 (河出文庫)

 女優・唐田えりかとの不倫が発覚した俳優の東出昌大がフルボッコだ。世間は妻で女優の杏が第3子妊娠中の約3年前から、唐田との“関係”を続けていたことに、猛反発。イクメンパパのイメージは完全崩壊し、俳優として再起不能なダメージを負った。

「不倫関係が始まったのは唐田さんが未成年だった19歳のころ。彼女は舞い上がり、周りが見えなくなるほど東出さんにハマってしまった。SNSでの“匂わせ”投稿が世間のヒンシュクを買っていますが、あれは若さゆえの暴走的な部分もある。やはり“元凶”は妻と子供がいながら、チョッカイを出した東出さんでしょう。罪な男です」とはスポーツ紙記者。

 一連のスキャンダルで白日の下に晒されたのは、これまでのイメージとは違う東出の〝チャラ男〟ぶり。スクープした「週刊文春」(文藝春秋)によると、共演した女優の本田翼や真木よう子らも積極的に口説いていたという。ドラマ関係者が明かす。

「作品で恋人同士を演じると、実生活でも恋に落ちると言われていますが、彼もそれを利用して片っ端から声を掛けていたようですね。報じられていないところで言えば、実力派女優Mも東出さんの毒牙にかかったと言われています」

東出の女好きは業界の一部では知られた話で「泊りがけの地方ロケなんてしようものなら、東出さんの目つきは獲物を狙う狼のようになっていた。彼の本性を知る他事務所のマネジャーは、所属女優に『東出はヤバイから気を付けろ』と事前に通達していた」(芸能プロ関係者)という。

“性豪”ぶりを隠していたというよりは、これまでが運良くバレてこなかっただけ。遡れば、大学時代は法学部に籍を置くも勉強は二の次で、イベントサークルの活動に精を出していたという。文春ではイベサー時代と思しきロン毛の東出と首輪をつけたコスプレ美女とのツーショット写真が掲載されている。同誌によれば、その頃から東京ディズニーシーの「海底2万マイルでエッチした」と自慢していたとか。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ