2月4日は『カーペンターズ』のカレン・カーペンターが亡くなった日! 死亡時の体重35キロ、太り過ぎを気にして摂食障害に…

2月4日は『カーペンターズ』のカレン・カーペンターが亡くなった日! 死亡時の体重35キロ、太り過ぎを気にして摂食障害に…の画像1
(画像は『CARPENTERS LIVE IN JAPAN』(1975年/A&M RECORDS発売)より使用)

『1975年に発売されたカーペンターズのアルバム「CARPENTERS LIVE IN JAPAN」のジャケット内側の写真』

 1983年2月4日は、1970年代に全世界的なヒットを連発した兄弟デュオ、カーペンターズのカレン・カーペンターが死亡した日である。
 1969年にA&Mレコードと契約し、兄リチャードと共にカーペンターズとして19歳でデビュー。
 翌年に発売された『Close to You(遙かなる影)』が全米ビルボードランキング1位を獲得、その後発売された同名アルバムも絶大な支持を受け、20歳にして早くもスターダムに登り詰めた。
 その後も『Superstar』『Yesterday Once More』『Top of the World』等のヒット曲を連発し、アメリカのみならず、日本を含む全世界的なスーパースターとなった。
 しかし、日々“太りすぎていないか”ということを気に病んでいたために摂食障害を患い、下剤と甲状腺促進錠剤、嘔吐剤を多量に常用していたという。
 その後も無謀なダイエットを続けたカレンの体重は、やがて30キロ代に突入し、心不全で亡くなった頃、最終的には163センチで35キロほどという状態にまでなっていたとされる。
 一説によればこの着物姿の写真が撮影された時期が最も太っているといわれているが、特に太りすぎというレベルにはないのは明らかである。
 スターならではの意識の高さが裏目に出たという歌姫カレン・カーペンターの32歳での早世は、当時はまだ一般的ではなかった摂食障害という病気を世界的に認知させるきっかけになり、今では誰もがその恐ろしさを共有できるまでになっている。
 我々の歴史は、乗り超え続けてきた数多くの《不幸》の上に成り立っており、時としてそれは輝きを一身に集めるスターの悲劇によって共有されるのである。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

人気連載
奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  毎年この時期になる...

人気連載
2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

■2020年2月24日~3月1日「今週の運命を劇的に変え...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。