2月5日は“超越瞑想”の提唱者マハリシ・マヘシ・ヨギが死亡した日! ジョン・レノン、ミック・ジャガーがドハマりした神秘

2月5日は超越瞑想の提唱者マハリシ・マヘシ・ヨギが死亡した日! ジョン・レノン、ミック・ジャガーがドハマりした神秘の画像1
(画像はWikipedia Maharishi Mahesh Yogiより使用。撮影=Ben Merk)

『ミック・ジャガー(後列左から2番目)らセレブリティたちとともに写るマハリシ・マヘシ・ヨギ(前列)』

 2008年2月5日は、独自の“超越瞑想”を提唱し巨万の富を築いたインドのグル、マハリシ・マヘシ・ヨギが死亡した日である。
 本国インドに止まらず、超越瞑想での覚醒体験を1950年代頃からアメリカやイギリス等での活動で布教し、1960年代のヒッピームーブメントに大きな影響を及ぼした人物として広く知られているマハリシ。
 その世界的な知名度に一役買ったのが、当時世界を席巻していたロックバンド、ザ・ビートルズであり、彼らのマハリシへの傾倒が、数多くの著名人をマハリシの元へ向かわせた。
 ザ・ビートルズ、特にジョン・レノンはマハリシの女性問題に失望して早々に去ったが(その顛末は『Sexy Sadie』なる曲にて発表)一説に拠ればその女性問題も狂信的な状態にあったジョンらをマハリシから引き離すための捏造であったともいわれ、4人の中でも最も心酔していたジョージ・ハリスンはその後も交友を続けていた。
 そのためもあり、以降もビーチボーイズやローリングストーンズ等数多くの超有名人が進んでその神秘の生徒となった。
 日本でも、ソニーなどの一流企業がその理念を人材育成に取り入れていたといわれている。以降もスイスやオランダに拠点を持ちながら自らの教えを実践し続ける『世界計画』を進め、2001年には、アメリカアイオア州フェアフィールドに地上楽園都市「マハリシ・ヴェーディック・シティ」を設立するなど、神秘主義の範疇を超えた影響力を持ち続けたマハリシ。
 そして2008年1月11日、自らの90歳の誕生日に引退を発表し、翌月2月5日に息を引き取った。マハリシがいなくなった現在も彼の“超越瞑想”は世界中で学ばれており、1950年代、そしてそれ以前からインドに脈々と受け継がれてきた精神主義、神秘主義は現代の最前線に残り続けているのである。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメント

1:匿名 2020年2月18日 22:34 | 返信

インドから欧米に行ったグルはみな金と女に溺れる
ラジニーシもマハリシも金の亡者
私も彼に人生狂わされました

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。