東出昌大の反撃がそろそろ始まる!? 唐田えりかが「東出の杏への不満」を暴露する可能性も浮上!

関連キーワード:

,

,

東出昌大の反撃がそろそろ始まる!?  唐田えりかが「東出の杏への不満」を暴露する可能性も浮上!の画像1
寝ても覚めても: 増補新版 (河出文庫)

 女優・唐田えりかとの3年に及ぶ不倫の末、妻で女優の杏と別居し、世間から猛バッシングを浴びている俳優の東出昌大はCM打ち切りなどで、失業危機すら浮上。そこで武井壮やカンニング竹山ら多数の芸能人たちが「他人の家のことは黙っておくべき」などとバッシングする一般人を批判し、なお騒動の輪を広げてしまっている。

 そもそも芸能ニュースとは部外者が芸能人についてアレコレ言うためのものであって、「感想を言うな」という方がおかしい。これを黙ってろと言うなら、そもそもテレビやマスコミに芸能ニュース自体を扱うなと言わなければならない。しかし、彼らは自分が稼がせてもらっているテレビ局に「いますぐワイドショーをやめろ」 とは絶対に言わない。なぜならモラルを述べているように見えて、 タレント稼業の話題作り、パフォーマンスだからである。発言をネ ットニュースに載せてもらって「これでまた俺の知名度キープだぜ 」というのが彼らの本音だ。

 不倫タレントはたくさんいるが、突出してバッシングをされたのはベッキーが記憶に新しい。東出と共通するのは極めて高い好感度を売りにしていたこと。千原せいじの不倫がまったく炎上しないのと比べれば一目瞭然で、いかにも不倫しそうな発言の下世話なオッサン芸人のゴシップには、不倫された妻という被害者がいても「そういう男性と分かって結婚している人だろう」と想像してしまう。

 しかし、好感度で10社のCM契約を持っていたベッキーが、演じていたイメージとは真逆の「嫌なオンナ」の素顔を見せたLINEのやり取りには、人々が嫌悪感を持って当然だ。 同じく東出も同様、杏と爽やかカップルとして人気を得ながら、結婚期間の半分を超える間、未成年だった女性と不倫を続け、それが発覚しても杏に悪態をついて継続していたなんて話は、誰が聞いたって「ひどいゲス」でしかない。それをネットで一言書きたくなるのも当たり前、これを「自分には関係ない」と思える人はそもそも芸能ニュースを見ていない。

 ただ、関係者が話す本件の内容にはもう少し突っ込んだものがある。東出の別居したばかりの転居先まで伝わっていた話があまりにも詳しすぎて、その情報源が杏サイドにあるというのは多くの記者が認識する話。だからこそ東出側の事務所は最初から全面降伏したと見るのが妥当だ。

 大手芸能プロで働く人に聞いても「杏さん本人がそれを願ったかは分からないけど、いずれ離婚になることを考えれば、彼女のイメージを最大に守ることが事務所のやれること。だから、情報リークは最大の攻略法でしょ。壮大な離婚プロジェクトと見ればいい」 と言っている。武井や竹山ら売名タレントは「バッシングを仕掛けたのが杏だろう」なんて見方は口にしないが、話の面白いのはこっ ちだ。ただ、そこには大きな懸念もあるという。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ