田中みな実だけじゃない! 今年ギャラが一気に跳ね上がるといわれる“意外なタレント”を業界人が暴露!

関連キーワード:

,

,

田中みな実だけじゃない! 今年ギャラが一気に跳ね上がるといわれる意外なタレントを業界人が暴露!の画像1


 2019年も様々な芸能人が活躍し、その中にはブレイクを果たした人もいる。そして、人気が出ればギャラの相場が高まるのも芸能界だ。そこで、2020年にギャラが一気に跳ね上がると言われている芸能人の名前を聞き出した。

「五輪イヤーではありますが、それとは無関係にギャラが跳ね上がる人はたくさんいます。代表は田中みな実さんです」(テレビ番組スタッフ)

 写真集の売り上げもすさまじく確かに飛躍を遂げた。

「フリーになったころから比べて現在のギャラは既に5倍強です。今後はさらに増え、1本あたりの出演単価が50万円から70万円ほどになるでしょうね。超売れっ子レベルの中堅芸人並みですから、これを年間数百本に出れば余裕で億越えです。局アナからフリーになった人は多いですが、おそらく最たる成功例でしょうね」(同)

 アナウンサーの枠を越え、女優としてタレントとして今後も凄まじい活躍を遂げていくのだろう。

 続いては解散が決まっているあのグループの名前が出てきた。

「2020年は嵐にとってのラストイヤーです。本人たち発信のコンサートや特番などもありますが、テレビ局からしてみれば自局の音楽番組やバラエティ番組にどうにかして呼びたいんです。しかし、そのために稼働のためのギャラも跳ね上がり、仮に5人を2時間拘束するだけでも2000万円ほどかかると言われています」(音楽番組関係者)

 そもそものギャラも高いだろうが、やはりラストイヤーという2度とないタイミングだけにギャラも桁違いに跳ね上がっているようだ。

 そして最後は少々意外な名前が出てきた。

「シンプルに2019年で人気や好感度が高まっているのが長嶋一茂さんです。石原良純さんとのコンビでの露出などで世間の見方が変わり、ギャラも倍々ペースで上昇中です。2020年はさらに上がり、CMなども増えると言われています」(テレビ局関係者)

 年間のほとんどをハワイで過ごすと言われているが、これだけ稼げるならば今後もそんな日々が満喫できそうだ。

 このような名前が挙がったが、いずれも2020年に大活躍するのは間違いないはずだ。今後の活躍に期待したい。

文=吉沢ひかる

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ