オナニーは新型肺炎とインフルエンザの特効薬だった! 病院に行く前にまずはオナニー…研究で判明!

オナニーは新型肺炎とインフルエンザの特効薬だった! 病院に行く前にまずはオナニー…研究で判明!の画像1
イメージ画像は「ゲッティイメージズ」より引用

 武漢を中心に中国では新型コロナウイルス感染を恐れて、住民らは外出を控え、家に籠る生活が続いているという。なにもすることがなく退屈を持て余す毎日、性欲を持て余す若年男子の退屈しのぎともなればオナニーぐらいだろう。誰のためでもなく、自身のナニを無心でシゴき、精を放つ。事後の虚脱感はさらなる退屈と孤独感を招き、生の空虚さを嘆く……。

 しかし、オナニーは決して無意味ではないのだ! 特にウイルスが蔓延するこの時期には最適の予防策だったのである。知的情報サイト「Big Think」(2月4日付)によると、オナニーにより免疫系が活発になり、感染症から身を守ってくれるというのだ。

 オナニーとそれに伴うオーガズムは、快の感情を引き起こす神経伝達物質ドーパミンや幸福ホルモンと呼ばれるオキシトシンを放出するが、この2つの物質は気分を良くするだけでなく、ストレスを軽減し、リラックス効果をもたらす。特にオキシトシンは、不安、恐怖、パニック、悲しみによって放出されるストレスホルモンの1種コルチゾールを減らし、それにより免疫系も活発化するそうだ。

オナニーは新型肺炎とインフルエンザの特効薬だった! 病院に行く前にまずはオナニー…研究で判明!の画像2
イメージ画像は「ゲッティイメージズ」より引用

 ドイツ・エッセン大学の2004年の研究では、11人の被験者にオナニーをしてもらい、絶頂5分前と絶頂45分後の白血球数を調べたところ、絶頂後に白血球数が有意に増加したことが確認されている。体内からウイルスや細菌を排除してくれる白血球の増加は免疫力に直結する。

 また、リウマチを専門とするハリス・マキルエイン医師によると、慢性的な痛みには免疫系の不全が関係しているため、オナニーによるオーガズムで免疫系が活性化することで痛みが和らぐとのことだ。その証拠に、頭痛専門の神経科医ステファン・エヴァーズ氏が、800人の片頭痛患者と200人の群発頭痛患者を対象に行った研究では、60%の被験者がオーガズムで痛みが軽減したと答えたという。

コメント

6:匿名 2020年2月6日 10:35 | 返信

本当の事が知りたい…

5:匿名 2020年2月6日 02:09 | 返信

男性ホルモンは免疫力を下げるらしいですよ

4:匿名 2020年2月5日 23:54 | 返信

白血球も基準値があるから多すぎても少なすぎてもダメ
ワイは抗がん剤で下がりすぎて面会謝絶になったことある

3:匿名 2020年2月5日 23:33 | 返信

まんが喫茶行ってた時はよく風邪ひいてたがビデオBox行くようになったら元気スッキリ健康になったな、たしかに。(笑)

2:匿名 2020年2月5日 20:50 | 返信

白血球増加したと時って具合悪くなった時じゃないのかな。腸炎の時「あー白血球多いですねー点滴です」ってなったもの。

1:匿名 2020年2月5日 20:21 | 返信

ほんまかいな( ;´Д`)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。