大麻の治験が日本でも!? 現役医師が「医療用大麻」の真実を全暴露! 法律の矛盾が…高樹沙耶×石丸元章連載!

関連キーワード:

,

,

,

,

 ゲスト対話者に、現役内科医で医療用大麻を研究×情報発信している正高佑志さんを迎えての「高樹沙耶と大麻をめぐる対話」後編。医療の現場から大麻の有効性を訴える気鋭の医師は、トカナで何を語るのか!

<前編はこちら>

大麻の治験が日本でも!? 現役医師が「医療用大麻」の真実を全暴露! 法律の矛盾が…高樹沙耶×石丸元章連載!の画像1


●医師が医療用大麻について発信することの意義

高樹 医療用大麻のことを言うと、「医者でもないくせに」と、 それまでわたしはずっと叩かれていました。 そこへ正高先生のように、 ネットで医療大麻を語るお医者さまがあらわれて、 救われる気持ちでした

石丸 医師が話すと、やはり話を聞く人が広がりますよね。

高樹 正高さんはアクティブですしね。 大麻製剤を用いてがんと向き合う子ども達の姿を描いた『WEED THE PEOPLE~大麻が救う命の物語~』 というアメリカのドキュメンタリー映画があるんですが、 その日本での上映にあたって、 正高先生は上映会の呼びかけ人でもあるんですよ。 いろいろな会にも出席して、講演活動も行っている。http://weedthepeople.mystrikingly.com/


●大麻の雑貨ショップも運営する

石丸 正高さんのTwitterのプロフに「 大麻合法化グッズ専門店Legalize It!の発起人」とありますが。これは雑貨屋さんですか? (http://legalizeit.mystrikingly.com/

正高 大麻の合法化活動は基本的に手弁当で行われています。 それが仕事に出来る人が増えればいいなと考えました。お金にならないことは継続がむずかしいですからね。「Green Zone Japan」も活動費の寄附を募っていたんですが、 日本にはアメリカのような寄附文化がありませんからね。

石丸 ですね。口は出すけど金は出したくない。「Legalize It!」って、言うまでもなく、ジャマイカのレゲエミュージシャン、ピーター・トッシュのソロアルバム『Legalize It』(邦題:『解禁せよ』)からですよね。マリファナ畑で燻らせているという。


正高
 医療大麻の「Legalize It!」のために、GREEN ZONE JAPANだけでなく、ほかの活動家、 団体の活動費として寄附していこう、と。

石丸 利益は上がっていますか。

正高   ぼちぼちですね笑

石丸 高樹さんがデザインしたTシャツも販売しているんですよね。

正高 Tシャツ、本、音楽、ステッカーなどなど、 大麻について話をするきっかけつくるためのアイテムを扱っています。高樹さんのTシャツを購入された方は、 高樹さんの考え方に賛同してくださっているんだと思います。 販売価格の何割かはデザインをされた方に入って、 何割かが医療大麻の活動家に寄附される、エコシステムです。

石丸 ネットでも買えるんですよね。

正高 はい、こちらのリンクから買えます。http://weedthepeople.mystrikingly.com/

高樹 今後、力を入れていきたいですね。

関連キーワード

コメント

1:匿名 2020年2月29日 20:58 | 返信

大麻は猿🐒(日本人)の主食なのでこれからもどんどん摂取しジャポンジンはやはりアホであったと世界中に知らしめてくださいね!w

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。