マ●コに当てていたバイブが突然消失、どこに行ってしまったのか!? 振動が止まらない… 壮絶摘出手術の衝撃顛末

 アメリカの女優、グウィネス・パルトロウは自身のライフスタイルブランド、グープ(GOOP)を通じ、メディアで積極的に女性の美と性に関する話題を発信しているのだが――。

■プレイ中にバイブレーターが消失

 その「GOOP」のサイトを覗いてみると、そこには24金製のディルドやお洒落なバイブレーター等、人気女優セレクトのセックス・トイ商品が紹介されている。米国では、女同士で気軽にセックス・トイをプレゼントし合うことが、ちょっとした流行なのだ。

 さて今回、問題のミニ・バイブレーターは「GOOP」で売られている物ではないのだが、このお洒落なセックス・トイが、絶対に入らないはずの身体の一部に滑り込んでしまい、大手術が必要となった女性がいる。

マ●コに当てていたバイブが突然消失、どこに行ってしまったのか!? 振動が止まらない… 壮絶摘出手術の衝撃顛末の画像1
ハンドバッグに入れて持ち歩いたり、アクセサリーとしてチェーンに付けられるミニ・バイブレーター(画像:Crave Vesperバイブレーターネックレス) 「Daily Star」の記事より

 アメリカに住む匿名女性は、彼とロマンティックなデートに出かける時、お洒落なデザインのセックス・トイをアクセサリーとして首から下げていった。そして、彼らは家に帰ってからそれを使用したのだ。

 彼女は、テレビのインタビューにこう答えた。

「初めの快感は、すぐに鋭い痛みに変わりました」(匿名女性)

 女性は彼に「あれはどこにあるの?」と尋ねた。しかし、彼の答えは、何と「わからない」というものだった。

 そして、そのバイブレーターは彼女の身体のどこからも見つからなかった。彼女は、「私はパニックになりました。なぜなら、どこにも見つからないそのモノは、私の中でまだ振動していたからです」と話した。

 ついに女性は、バイブレーターが彼女の体内で動き続けているその状態のまま、救急病院に行くことを決意した。そこでは、数人の医師が女性の骨盤内の検査を行ったが、そのバイブレーターを取り出すことは出来なかった。

マ●コに当てていたバイブが突然消失、どこに行ってしまったのか!? 振動が止まらない… 壮絶摘出手術の衝撃顛末の画像2
女性のX線写真 「Daily Star」の記事より

 この匿名女性は、医師が彼女を診察している時も、このバイブレーターはまだ激しく振動していたと語る。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ