2月8日はマリリン・モンローの再来「アンナ・ニコル・スミス」が不可解な死を遂げた日! 石油王と結婚、泥沼の遺産相続…

2月8日はマリリン・モンローの再来「アンナ・ニコル・スミス」が不可解な死を遂げた日! 石油王と結婚、泥沼の遺産相続…の画像1
(写真はWikipedia Anna Nicole Smithより使用)

『2005年オーストラリアMTVビデオミュージックアワードに出席した時のアンナ・ニコル・スミス』Toby Forage撮影

 2007年2月8日は、“マリリン・モンローの再来”と言われたヌード・モデル、女優のアンナ・ニコル・スミスが不可思議な死を遂げた日である。


 身長180センチ、64キロというプレイメイト史上最大サイズのモデルとして知られたアンナ・ニコルが世に知られたのは1994年に“テキサスの石油王”ことJ・ハワード・マーシャルとの63歳差という結婚であり、約1年後の1995年8月4日にマーシャルが死んだこともあり、遺産目当てという疑惑とともに世間を騒がせた。しかも夫の葬儀でウエディング・ドレスを着て参列するという衝撃的な行動で騒動にさらに火に油を注いだアンナ・ニコルは、遺族との遺産相続裁判で長年にわたり係争を続けた。


 2006年に長女のダニーリンを出産したが、父として3人が名乗り出る騒ぎとなり、その渦中の9月10日に18歳の頃に出産したダニエル・ウェインが抗鬱剤と鎮痛剤による薬剤性不整脈で急死。


 その余韻覚めやらぬ翌年2月8日に、今度は本人がハリウッドのハードロック・ホテル・アンド・カジノの部屋にて、薬物過剰摂取のため急死したのである。


 法的に相続人であった長男は既に死んでおり、15億ドルともいわれる莫大な彼女の遺産とわずか1歳のダニーリンの親権を巡り、3人の男性が争うという泥沼の係争地獄をみせた。


 2007年にDNA鑑定を元に写真家のラリー・バークヘッドがダニーリンの父親という裁定が出たが、今度は娘の遺産相続権の有無を巡って法廷闘争は繰り返されている。


 さらにはアンナ・ニコルの死自体も不正な処方があったとして他殺の可能性も追求されているという。


 まさに“本家”マリリン・モンローを上回る混乱の中に怪死したアンナ・ニコル・スミスの死は、忘れたくとも忘れられないほどに今も話題を提供し続けている。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ