鈴木杏樹に妻がブチ切れ、徹底的に追い込むつもりか!? 芸能界全体で「鈴木杏樹を擁護」も批判殺到

関連キーワード:

,

,

,

鈴木杏樹に妻がブチ切れ、徹底的に追い込むつもりか!? 芸能界全体で「鈴木杏樹を擁護」も批判殺到の画像1
Love Story~ドラマティック・ミックス~/Universal Music =music=

 劇団俳優・喜多村緑郎との不倫を、6日発売の週刊文春に報じられ た鈴木杏樹だが、少しでも批判を回避しようと策を弄したが、かえって裏目に出てしまったようだ。マスコミ各社に〝圧力〟を掛けて 、自分に有利なように世論を誘導しようとしたのだが、言い訳交じりにいらぬ弁明をしてしまい、批判が殺到。自ら墓穴を掘ってしまった。

 文春発売当日夕方、鈴木と喜多村はそれぞれ謝罪コメントを発表した。これを受けてメディアが一斉に報じたのだが、そこに至るまで にはいつもとは違う過程があった。

「週刊誌の発売前日にはメディア各社に見本誌が届くので、5日の段階では全社が記事を読んでいた。文春など週刊誌発売当日朝のワイドショーやスポーツ紙が後追 いできるのは、そのカラクリがあるから。しかし今回は、『文春発売日にコメントを出すからそれまで報道は待て』と業界の上の方か ら指令が出たため、全社それを守った」(ワイドショー関係者)

 本来ならば6日朝のワイドショーから鈴木と喜多村の不倫ネタが延 々と取り上げられていたはずだったが、それが夕方まで延びたとい うことだ。マスコミに〝圧力〟とも取られかねない通達を出してま で、半日ほど遅らせた理由は何だったのか? 

「文春の記事をそのまま取り上げて使わない代わりに、自分たちのコメントをメインに使えってこと。要は自分たちの言い分を中心に取り扱ってほしいということ」(前同)

 鈴木たちがどうしても主張したかったこと――それはコメントのこの部分に集約されている。それは「今年に入って、お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するよ うになりました」というくだりだ。「鈴木の関係者たちは、既婚者 にも関わらず軽々しく手を出した喜多村に激怒している。鈴木は騙されたという構図を作るため、あえてこういうコメントを出した」 (芸能関係者)

 しかし、目論見は大きく外れてしまい、「喜多村の妻の貴城けいに対する配慮がない!」などと逆に鈴木がバッシングされてしまう事態になった。マスコミを封じ込め、時間を作って練りに練った作戦は失敗してしまったというわけだ。

 週刊誌関係者は「そもそも文春に不倫情報を持ち込んだのは貴城、もしくは限りなく近い関係者。東出昌大の不倫の時に、妻の杏が動いたのと同じパターン。貴城は喜多村にはもちろん、鈴木にも怒り心頭。余計な一言でますます怒りを募らせており、徹底的に追い込むつもり」

 芸能界全体で鈴木を守ろうとしているが、妻の意地を前にしてはそれも難しそうだ。

編集部

人気連載
あなたと好きな人の“心の距離感”がわかる4択占い! 近すぎ、遠すぎ、遠慮しすぎ… 当たるLove Me Doの助言!

あなたと好きな人の“心の距離感”がわかる4択占い! 近すぎ、遠すぎ、遠慮しすぎ… 当たるLove Me Doの助言!

■あなたと好きな人の“距離感” 「好きな相手をイメージし...

人気連載
奇習! 節分の夜に行われる“鬼”との乱交セックス! 豆まきならぬ「お豆いじり」の風習

奇習! 節分の夜に行われる“鬼”との乱交セックス! 豆まきならぬ「お豆いじり」の風習

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】   毎年節分の時期...

関連キーワード

コメント

1:匿名 2020年2月11日 23:30 | 返信

人を裏切る人間に幸せなど来ないと思う…

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。