2月12日は福沢諭吉の曾孫でレーサー兼モデルの「福澤幸雄」が死亡した日! テスト走行中に事故、僅か25歳で帰らぬ人に…

2月12日は福沢諭吉の曾孫でレーサー兼モデルの「福澤幸雄」が死亡した日! テスト走行中に事故、僅か25歳で帰らぬ人に…の画像1
(画像はオート・スポーツ編集部編『コースにかげろう燃えて : スピードに散った福沢幸雄の記録』1969年/三栄書房刊)

『1969年に出版された「コースにかげろう燃えて : スピードに散った福沢幸雄の記録」の表紙』

 1969年2月12日は、レーシングドライバーでありファッションモデルだった福澤幸雄がテスト走行中に死亡した日である。


 福沢諭吉の曾孫であり、ギリシャ人ソプラノ歌手を母に持った故の日本人離れしたルックスで、慶応大学法学部在学中からトヨタ・ファクトリーと契約しモータースポーツに参戦。


 1968年『日本Can-Am』では外国人レーサーに肉薄し日本人最高の4位に入賞するなど、将来を嘱望される若き才能であった。


 その傍ら、ファッションメーカー「エドワーズ」の取締役を務め、モデルとしても活躍、多数の大手メーカーのコマーシャルに出演する人気ぶりであった。


 当時人気絶頂のバンド、スパイダースや加賀まりこ等の芸能人との交際を持っていたことでも知られ、スポーツとファッション、芸能と、あらゆる若者文化をその肩に背負う時代の“アイコン”であった。


 しかし1969年2月12日、静岡県袋井市のヤマハテストコースで行なわれたトヨタ・7のテスト走行中、直線から1コーナーに向かう際にコースアウトして標識に激突しマシンは炎上。


 スタッフが駆けつけた際には頭蓋骨骨折による脳挫傷ですでに死亡していた。没年わずか25歳の悲劇であった。


 死亡直後に『夜のヒットスタジオ』に出演した当時福澤と交際中だったアイドル歌手、小川知子が涙ながらに『初恋の人』を歌ったことは福澤の死にまつわる語り草である。


 その才能を惜しむ声は各界から届き、親友のかまやつひろしが、発表した楽曲『ソーロングサチオ』、同じく親友であった三保敬太郎が発表した追悼アルバム『サウンド・ポエジー“サチオ”』、さらに寺山修司はその事故死をテーマに『さらばサチオ「男が死ぬとき その2」』を作詞し発表した。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。