次に薬物逮捕される「好感度高い、大物お笑いタレントX」とは? マトリのSが確認か…喜怒哀楽が激しい性格で

関連キーワード:

,

,

,

次に薬物逮捕される「好感度高い、大物お笑いタレントX」とは? マトリのSが確認か…喜怒哀楽が激しい性格での画像1

 九州出身のお笑いコンビの片割れXに、違法薬物である大麻、合成麻薬MDMAの疑惑が持ち上がっている。

 このお笑いタレントはテレビ番組にも多数出演し、数字が取れる人物として評価もされている。

「Xは若手の面倒見もよく、好感度も高いタレントですが、実は日によって喜怒哀楽が激しく、お笑い芸人としては命である咄嗟のアドリブなどが出ないことがある日もあるといわれています。実はこれだけでは何の確証も無いのですが、マトリのS(スパイ)からの情報として“定期的にマトリが行動確認をしている”という話があるんです」(週刊誌記者)

 マトリはご存じの通り、沖縄から北海道まで網羅している厚生労働省の部署であるが、全国で300人という少数精鋭で動いている、いわゆる取締りのプロだ。

「このマトリのSは数多くの情報を流している大事な情報源で、マトリはSの働きで何人も逮捕しています。今回取材したマトリの人間も、情報源がSだから信頼できるのでは…と語っていました」(前出週刊誌記者)

 マトリの仕事は芸能人を逮捕することが目的ではない。違法薬物を撲滅することが目的なのだが、なぜ定期的に芸能人を摘発するのであろうか。

「多くの有名人を逮捕して、マトリの名前を上げなくてはいけませんからね。マトリはやはり厚生労働省の中でも特別視されている部署ですから、きちんと評判を上げなければならないのです。ちなみに、マトリはほとんどの人間が薬剤師の免許を持っていますから、幹部クラスの天下りはともかく、辞めたのちに薬局の薬剤師などになるケースが多い。その就職先を増やす、ないし、もっとよい条件の就職先を増やすためにも活躍が必要といわれているんです」(前出週刊誌記者)


 テレビなどでコメントする元マトリOBも、実は某ドラッグストアで普段は薬剤師として細々と働くなど、特別に恵まれた環境というわけではない。

 Xの逮捕については、既に売人などからも情報が取れており、あとはタイミングだけだという。果たして2020年最初の大物芸能人の逮捕になるのであろうか。注目が集まるところである。

編集部

関連キーワード