【新型コロナウイルス】感染予防のカギは女性の膣内にある!? 正しい感染予防法6つを有名医師がアドバイス!(インタビュー)

【新型コロナウイルス】感染予防のカギは女性の膣内にある!? 正しい感染予防法6つを有名医師がアドバイス!(インタビュー)の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 中国湖北省武漢市で発生し、驚異的なスピードで全世界に感染が拡がりつつある新型コロナウイルス。死者は判明しているだけでも中国国内で900人を超え(2月10日時点)、感染者は世界各国で2万人以上。WHOも「緊急事態」を宣言し、全人類が恐怖に打ち震えている状況だ。ここにきて「新型コロナウイルスは中国の細菌兵器ではないか」という説も囁かれ始めたが、その真偽はともかく今の我々にできることは、可能な限りこのウイルスへの感染を避け、患者であれば感染拡大を防ぐこと、それしかない。

 そこで今回、筆者は新型コロナウイルスの正しい予防法と対策、陰謀説の真相に迫るため、西洋医学と東洋医学の両者を採り入れた「和合医療」を推進している医療法人社団癒合会の医師・歯科医で株式会社メディカルの代表も務める陰山康成氏に再び緊急インタビューを行った。

■新型コロナウイルス蔓延の本当の原因は!?

――よろしくお願いします。コロナウイルスの感染源について、コウモリの肉が売られている市場だとされていますよね。報道はほぼ正しいとお考えでしょうか?

【新型コロナウイルス】感染予防のカギは女性の膣内にある!? 正しい感染予防法6つを有名医師がアドバイス!(インタビュー)の画像2
陰山康成氏

陰山康成氏(以下、陰山)  当初、感染源はヘビだと言われていましたが、現在はコウモリ説が有力ですね。ウィルスが寄生できる動物は決まっておりまして、コロナ系は哺乳類に寄生しますから。

――2003年に流行したSARSも哺乳類のブタが感染媒介でしたね。細菌兵器という指摘についてはどう思われますか?

陰山  日本でいうところの国立感染症研究所に相当する研究所が武漢にありまして、そこで「レベル4」という遺伝子組み換え研究が行われており、杜撰な管理でウィルスが漏出したのではないかと米国やイスラエル寄りのメディアは報道してますが、真偽は分かりませんね。

 細菌化学兵器ではなく、一般的な細菌の研究で漏出した可能性もあるでしょうし、もちろん自然発生の可能性もあります。

人気連載
あなたと好きな人の“心の距離感”がわかる4択占い! 近すぎ、遠すぎ、遠慮しすぎ… 当たるLove Me Doの助言!

あなたと好きな人の“心の距離感”がわかる4択占い! 近すぎ、遠すぎ、遠慮しすぎ… 当たるLove Me Doの助言!

■あなたと好きな人の“距離感” 「好きな相手をイメージし...

人気連載
奇習! 節分の夜に行われる“鬼”との乱交セックス! 豆まきならぬ「お豆いじり」の風習

奇習! 節分の夜に行われる“鬼”との乱交セックス! 豆まきならぬ「お豆いじり」の風習

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】   毎年節分の時期...

コメント

2:匿名 2020年2月12日 09:29 | 返信

ワクチンの準備には18ヶ月かかるっていってたぞ

1:匿名 2020年2月11日 17:27 | 返信

専門家がきちんとした理論を語っていらっしゃるのに、この見出しは無いと思います。
何を考えていらっしゃるのですか?人間として恥ずかしいです。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。