2月13日は世界的冒険家・植村直己がマッキンリーで消息を絶った日! 世界初の五大陸最高峰登頂成功、日本が誇る冒険王!

2月13日は世界的冒険家・植村直己がマッキンリーで消息を絶った日! 世界初の五大陸最高峰登頂成功、日本が誇る冒険王!の画像1
(画像はグリーンランド政府が2011年7月28日に発行した植村直己記念切手)

『グリーンランドで2011年に発行された植村直己の記念切手』

 1984年2月13日は、世界初の五大陸最高峰登頂に成功した世界的冒険家、植村直己が前日に世界で初めてマッキンリー冬期単独登頂に成功しながら、その帰路で消息を絶った日である。


 1966年7月に西ヨーロッパ最高峰のモンブラン(標高4810.9メートル/フランス・イタリア)、同年10月24日にアフリカ最高峰のキリマンジャロ(標高5,895メートル/タンザニア)、1968年2月5日に南米最高峰のアコンカグア(標高6,960.8メートル/アルゼンチン・チリ)、1970年5月11日にアジア最高峰のエベレスト(標高8,850メートル/ネパール・中国チベット自治区)、同年8月26日に北米大陸最高峰のデナリ(かつてはマッキンリーと呼ばれていた。標高6,190メートル/アメリカ)の単独登頂に成功した人類初の人物となった植村。


 1978年には犬ぞりで人類史上初の北極点単独行、グリーンランド縦断にも成功し、日本人として初めて『National Geographic』の表紙に採用され、その前人未到の偉業の数々により、世界的名声が確立した。


 しかし、その後、植村の進む道は無謀ともいえるレベルになってゆく。


 1980年、エベレストの厳冬期登頂に臨むも隊員・竹中昇の死亡事故により断念、1982年には南極点単独犬ぞり行に臨んだが協力予定だったアルゼンチン軍のフォークランド紛争勃発により断念。
そして1984年2月12日、43歳の誕生日に、マッキンリーの冬季単独登頂に成功したが、その翌日の連絡を最後に消息を絶つことになった。


 2度の失敗を経て、成功を急いだのではという疑念も起きた植村の最終行であったが、その心の底に持った絶大な衝動を抜きにして、数々の偉業を語ることはできないであろう。


 その意味で、日本が誇る“冒険王”の最後も、世界に誇るべき偉業であったといえるであろう。


 1984年4月19日に国民栄誉賞が与えられた他、6月19日にデンマーク政府はグリーンランドのヌナタック峰を、「ヌナタック・ウエムラ峰」に改称、そして2011年にはその偉業の舞台となったグリーンランドで記念切手が作られている。


 なお、いまだ植村の遺体は発見されていないが、人類未踏を常とする人物の終着地であっただけに、我々がいまだそこにたどり着けないのも当然であるのかもしれない。

 

<2月13日の世界で起きた不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

2月13日は世界的冒険家・植村直己がマッキンリーで消息を絶った日! 世界初の五大陸最高峰登頂成功、日本が誇る冒険王!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで