超人気「美人タレントX」に薬物疑惑が浮上! 謎の“大使館”ルートから入手か…関東連合も…

関連キーワード:

,

,

,

,

超人気「美人タレントX」に薬物疑惑が浮上! 謎の大使館ルートから入手か…関東連合も…の画像1

 今や超売れっ子タレントになった美人タレントXに違法薬物摂取の過去があるという。

 ドラマやCM、バラエティ番組などに数多く起用され、その美貌や特徴ある容姿で映画まで出演しているXにどんな過去があったのであろうか。

「元々Xが所属するプロダクションは黒い噂が多々あり、“半グレ”の関東連合や指定暴力団との関係が疑われています。

 このプロダクションがすごいのは、何よりも噂をもみ消す力が抜群です。危機管理能力が長けているのがXの所属するプロダクションです」(芸能記者)と、背景を語る。

 Xは先日麻薬取締法で有罪判決を受けた沢尻エリカとも親しかったといわれているが、違法薬物は沢尻の周辺から引いていたのだろうか。

「全く違います。むしろ違法薬物に関しては沢尻エリカよりも一時期上級者だったとの噂もあります。Xの引いていたルートは芸能界ルートでは無く、西麻布などを拠点とする“大使館”の遊び人ルートと言われています。そこから違法薬物であるコカインや合成麻薬MDMAを貰い、特殊な環境にあるクラブやパーティなどに呼ばれ引き立て役として使われていたといわれています」(前出芸能記者)

 Xが出入りしているクラブにはX自身が所属するプロダクションの幹部も同席しているという目撃情報もあるそうだ。

「このプロダクションはあらゆる力を使って事件をもみ消します。政治家は当然のこと、テレビ局の上層部などにも強いコネを持っていて、その力はXが関係している“大使館”関係者まで、幅広く持っています。いくつかの国の“大使館”のパーティなどにも所属するタレントを派遣しています」(前出芸能記者)

 国名は伏せるが、ある国の大使館のパーティでコカインなどが使用され、その場所にまだメジャーでは無かったXが出席。その“大使館”の関係者に気に入られ、一時期は毎日のように一緒に違法薬物にハマっていたという。

 違法薬物にハマり、噂が先行したXに所属するプロダクションが危機感を抱き、以後“大使館”関係者とは交際禁止を言い渡し、Xの違法薬物の噂も止まったのだが、それはメディアに圧力を掛けたというのが定説だ。

 本当にXの違法薬物摂取は止まったのか。

「今もやっているんじゃないでしょうかね。ここ数か月、Xを張り込むとマスコミではない人間が、行動確認をしている姿を目撃することがあります。私も業界は長いのでマスコミ関係者だったら顔が分かるのですが、あれはマスコミ関係者では無いですね」(前出芸能記者)と、語る。

 マトリか警視庁の組対五課が行動確認をしているのであろうか。捜査関係者の内偵期間は3か月から半年が通常である。もし、逮捕される事態になったら、ドラマやCMの違約金などは莫大な額になるであろう。

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ