槇原敬之の薬物使用を自供した人物とは!? セックスドラッグ「ラッシュ」所持…

 人気歌手の槇原敬之が覚せい剤取締法違反と医薬品医療機器法違反疑いで13日、警視庁組対五課に渋谷区内の自宅で逮捕された。逮捕事案は、平成30年4月11日に東京都港区海岸3丁目のマンションで覚醒剤およそ0,083グラムを所持し、医療用と以外の用途で、平成30年3月30日に、同署において、亜硫酸イソブチルを含む液体64,2ミリグラムを所有した疑いだ。

 トカナで次に逮捕疑惑のある芸能人として槇原敬之の情報は前々から入手していたが、なぜ、今槇原敬之容疑者が逮捕されたのであろうか。

「槇原に覚醒剤を売った売人が数か月前に逮捕され自供したことで捜査対象になり、今回の逮捕に結びつきました。この情報は早いうちからマスコミに流れていて、多くのメディアが槇原敬之容疑者を画像や映像に抑えていたはずです」(大手全国紙記者)

 槇原敬之容疑者は男性と同居し、亜硫酸イソブチルを使用していたと予想されているが、この亜硫酸イソブチル通称は”RUSH”と呼ばれる危険ドラッグで、所持も使用も禁止されている。また、主にセックスドラッグとして流通していることから、その男性と性行為を行うために使用していたのではないかと予想されている。

「今回の逮捕事案となった港区海岸のマンションは、槇原敬之容疑者と性的な関係にあった所属事務所元代表が住んでいた場所。この男性が2年前に逮捕され、執行猶予付きの実刑判決を受けました。その時の取り調べでの供述で槇原敬之容疑者の関係も自供していたといいます。少なくてもその当時から槇原敬之容疑者はマークされていました。その後、逮捕された売人の供述からイケると、警視庁組対五課は逮捕に踏み切ったのでしょう」(前出大手全国紙記者)

 この男性との関係は、槇原敬之容疑者が初犯として逮捕された1999年にも、共犯として逮捕され、槇原敬之容疑者同様、執行猶予付きの実刑判決を受けている。

 その危ない交際が今も続いていたのであろうか。

「槇原敬之容疑者の覚醒剤などの違法薬物はまだ目撃情報はあります。それが果たしてどこまで立件されるのか注目しています」(前出大手全国紙記者)

 槇原敬之容疑者は、覚せい剤所持の疑いなどで逮捕され、身柄は警視庁東京湾岸署にあるが、警視庁組対五課は、今後覚せい剤の使用や入手ルートなどを厳しく追及していく。

編集部

関連キーワード

コメント

1:匿名 2020年2月15日 10:14 | 返信

なんだなんだ
世間はまた薬中が捕まったって騒ぐけど
今度は何のネタ隠し?
kの結婚延期のネタ隠し?
税金は持ってかせないよ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。