鈴木杏樹とラブホ不倫「喜多村緑郎の評判」がヤバすぎる! 不倫相手の母に逆ギレ、嘘を語り、杏樹を「あいつ」と呼び…

鈴木杏樹とラブホ不倫「喜多村緑郎の評判」がヤバすぎる!  不倫相手の母に逆ギレ、嘘を語り、杏樹を「あいつ」と呼び…の画像1
Love Story~ドラマティック・ミックス~/Universal Music =music=

 女優・鈴木杏樹とのラブホテル不倫で一躍、その名が知られることになった劇団新派の俳優・喜多村緑郎。鈴木は〝文春砲〟を被弾し、意気消沈しているというが、喜多村はどこ吹く風で、現在も舞台稽古に何食わぬ顔で参加しているという。

「彼はエキセントリックで、周囲から『サイコパス』と揶揄されていますよ」

 そう証言するのは、舞台関係者。発端となった「週刊文春」(文藝春秋)の発売前日の5日、舞台稽古に現れた喜多村は「明日、私はある女優さんとの不倫関係を週刊誌に書かれてしまいます。ご迷惑をおかけします」と周囲に詫びたが、翌日杏樹が出した謝罪声明について「あれは俺が考えたんだよ」と得意満面に話していたという。

 杏樹は今回の騒動で消沈し、喜多村との破局を周囲に宣言。しかし当の喜多村は「まだ連絡を取っている」と豪語。前出関係者によれば「今も彼女を本名の下の名前で呼ぶことがある。世間的な知名度では雲泥の差があるのに、まるで彼女が自分の支配下にあるかのように、『あいつはさ~』と喋っている」という。

 さらに発売中の「女性セブン」(小学館)では、喜多村が杏樹のほかにも歌舞伎役者の尾上松也の妹で新派女優の春本由香と不倫関係にあったと報じられた。同誌によれば、喜多村は春本に「離婚はできないけど、俺の子供を産んでくれ」と妊娠を迫り、春本の母が抗議の電話をすると「松也の母親だからってデカイ顔しやがって!」と逆ギレしていたという。

「本気でヤバイ奴です。何を考えているのかわからない。彼を紹介する時に語られる幼少期の極貧エピソードや、歌舞伎俳優としてそれなりにやってきたというのも嘘。実際は歌舞伎役者としては使い物にならず、劇団新派に行っただけです」(中堅芸能プロマネジャー)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。