2月18日はプロレスラーのケリー・フォン・エリックが亡くなった日! 若きレスラーの死と連鎖する“鉄の爪”兄弟の自殺

2月18日はプロレスラーのケリー・フォン・エリックが亡くなった日! 若きレスラーの死と連鎖する鉄の爪兄弟の自殺の画像1
(写真はWikipedia Kerry Von Erichより使用)

『1984年頃NWA世界ヘビー級チャンピオン時代のケリー・フォン・エリック』

 1993年2月18日は、プロレスラーのケリー・フォン・エリックが拳銃自殺を遂げた日である。

 プロレス初期を代表する“必殺技”アイアン・クローの産みの親である大悪役レスラー、“鉄の爪”フリッツ・フォン・エリックの四男として知られる『“テキサス・トルネード”ことケリーは、エリックの5人の息子たちの中でも最も将来を嘱望されたスターレスラーであったが、他の兄弟3人とともに父親よりも早い死を迎え、他の2人と同じくして《自殺》を遂げた人物である。


 1984年に三男のデビッドが日本で25歳で急死したのに続き、まず最初に自殺したのは五男のマイク。


 病気とストレスから薬物過剰摂取で23歳の若さで自殺(1987年)。


 これに続いたのが六男のクリス。


 兄弟で最も小さな体だった彼はレスラーとしての能力不足からストレスを溜め、マイクの自死を引きずっていたこともあり、21歳の時に拳銃で自らの頭を撃ち抜いた(1991年)。


 そして兄弟の中でもスター性では飛び抜けていた四男のケリーまでが自殺で続いたのである。


 1986年6月にバイク事故で右脚を切断して以降、義足を付けて奇跡のカムバックを果たしたものの、薬物中毒の末に逮捕。


 その有罪が確定した日に、父の牧場で心臓を打ち抜いた。


 1993年、まだ33歳での死だった。


 晩年は、彼もまた「弟たちに続きたい」と仲間のレスラーには打ち明けていたという。


《自殺は連鎖するのか》――あらゆるところで議論されるそのテーマにおいて、エリック一家の悲劇は何よりも参考になる事例であろう。


 プロレスラーという職業まで共通している家族なだけに、その連鎖は容易に避けられないものであったのかもしれない。

 

<2月18日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部