2月25日は祈祷中のムスリム29人が射殺された「マクペラの洞窟虐殺事件」が発生した日! 犯人は民族の英雄…?

2月25日は祈祷中のムスリム29人が射殺された「マクペラの洞窟虐殺事件」が発生した日! 犯人は民族の英雄…?の画像1
(画像はWikipedia Cave of the Patriarchs massacreより使用)

『南側から見たマクペラの洞窟』
 1994年2月25日は、ユダヤ教、イスラム教の聖地であるパレスチナ自治区ヘブロンにおいて29人のムスリムが射殺された「マクペラの洞窟虐殺事件」が発生した日である。


 ユダヤ、イスラムが交代で使っていた洞窟内の施設で起きたこの悲劇は、アメリカ出身のユダヤ人医師、バールーフ・ゴールドスタインによる“大量殺人事件”であった。


 ユダヤ人の極右思想である“カハネ主義”の信奉者であったゴールドシュティンはユダヤ人以外の人間の診療を断るという偏った思想を持っており、プーリーム、ラマダンというそれぞれの宗教の祝祭日が重なっている時期に、イサークのホールで祈りを捧げていた800人ものパレスチナ人ムスリムを背後から機関銃で乱射し、29人を死亡、125人を負傷に追い込んだ。


 さらにこの事件は各地に飛び火し、26人のパレスチナ人と9人のイスラエル人が死亡している。


 この結果イスラエルは“カハネ”をテロ組織と見なし、避難の対象としたが、その一方で、少数ながらもゴールドスタインを民族の英雄と見なすユダヤ人も存在する。


 世界史上でも有数の虐殺劇を行なったテロリストといわれるゴールドシュティンであるが、その墓には「聖なるバールーフ・ゴールドスタイン。ユダヤ人、トーラー、そしてイスラエルのために人生を捧げた」と刻まれているのだ。


 果たして、ゴールドスタインへの認識がテロリストから聖人へと改められる日がくるだろうのか——それは遠い未来だけが知ることである。

 

<2月25日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。