【閲覧注意】「親友と寝た母」を恥じた男子高校生が自殺する瞬間! 親友と4Pセックス…悲しい最期=比

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】「親友と寝た母」を恥じた男子高校生が自殺する瞬間! 親友と4Pセックス…悲しい最期=比の画像1画像は、「BestGore」より

 フィリピンのマニラ首都圏の都市マラボンで今月21日、男子高校生(17)が市役所の屋上から飛び降りて自殺した。地面に激突した彼は病院へ搬送され、死亡が確認された。自殺の決定的瞬間をとらえた映像が海外の過激ニュースサイト「BestGore」で公開されている。

 市役所の屋上に立つ高校生が身を投げた。彼の体はあっという間に落ちていって見えなくなった。撮影者が落下地点に駆け付けると、アスファルトの上に倒れた高校生の姿があった。歩行者や車、バイクなどが行き交う道路で、彼は野次馬の視線にさらされていた。報道によると彼は即死だったという。

 今回の自殺は家族の問題が背景にあると報じられた。一方、BestGoreの解説には、より詳細な情報が掲載されている。彼の母親は誰とでも寝る女として知られており、彼の親友2人と外国人1人を相手に4人で性行為をした。このことを知った彼は恥ずかしく思い、周囲からの嘲笑に耐えられなくなり、命を絶とうと決意したとみられている。

 今回の自殺は、母親が売春婦だという事実によって息子が追い詰められた結果といえるだろう。同様の自殺は日本でも今後頻発するかもしれない。というのも、経済的に困窮して体を売るシングルマザーが少なくないからだ。中には性に奔放なシングルマザーもいて、その典型といえる女性がニュースになった。

 香川県警高松西署は昨年1月、同県高松市に住むパート従業員の長尾里佳被告(当時23)を強制性交の容疑で逮捕した。長尾被告は、スマホゲームで知り合った小学6年の男児とセックスをし、スマートフォンを使ってその様子を写真や動画に撮影していたとされる。最初は彼女が福岡を訪ね、その後は旅費を出して男児を高松まで呼び寄せ、性行為をくり返していたという。彼女は当時、二児(当時5歳の長女と当時3歳の長男)を育てていた。子供たちは将来、母親の犯罪を知って絶望する可能性がある。

 経済的な理由から、もしくは性に依存する傾向から、何人もの男とセックスする母親がいる。彼女たちには、自らの行為が子供に与える影響について十分考えてもらいたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】「親友と寝た母」を恥じた男子高校生が自殺する瞬間! 親友と4Pセックス…悲しい最期=比のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?