キスマイ・二階堂の“しそう事件”とは? 漢字の読み書きが苦手なジャニーズたち

キスマイ・二階堂のしそう事件とは? 漢字の読み書きが苦手なジャニーズたちの画像1
画像は、「Johnny’s net」公式サイトより

 歌って踊る姿は格好いいジャニーズアイドルでも、専門外のこととなると残念になってしまうケースが。例えばKis-My-Ft2の二階堂高嗣は、“漢字の読み間違え”で人々を驚かせたことがある。

 以前放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、Kis-My-Ft2のメンバーと出演した時のこと。濱口優からのタレコミで「全員アホ」と言われた彼らは、急遽漢字テストに挑戦した。すると二階堂は「仙台」を「千代」と書くなど不正解を連発。しかし“読み”はできると豪語したため、「師走」という漢字の読みが出題される。彼は少し悩んだあげく、「しそう…」とポツり。「しわす」が読めない二階堂に、ネット上では「簡単な漢字ではないと思うけど、普通読めるよな…」「二階堂くんの“しそう事件”はずっと語り継がれそう」といった声が上がっていた。

 今回は二階堂のように、漢字の読み書きが苦手なジャニーズを紹介していこう。

 

●相葉雅紀

キスマイ・二階堂のしそう事件とは? 漢字の読み書きが苦手なジャニーズたちの画像2
画像は、「Johnny’s net」公式サイトより

 まずは嵐の相葉雅紀。彼は以前『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で、「他人事」という漢字の読み方を間違えていた。意外と間違えやすい問題で、正解は「たにんごと」ではなく「ひとごと」。しかし相葉はそのどちらでもなく、「たびとごと」と自信満々に回答している。これに視聴者からは「そんな間違え方ってある?」「相葉くんどうしちゃったの?」との声が。予想外の誤答に心配してしまうファンも少なくない。

 一方で「あの流れなら仕方がない」と擁護する人も。実は「他人事」の問題が出題された放送回よりも以前に、同番組では羽鳥慎一アナウンサーが様々な“誤読しやすい漢字”を出題していた。「他人事」の問題はそのリベンジとして出題されたため、「本気で『たびとごと』って読んだんじゃなくて、深読みし過ぎただけ」との指摘が。普段から「たびとごと」と読んでいる訳ではないのだろう。

コメント

1:トランプ大統領 2020年2月27日 14:09 | 返信

σ(゚∀゚ )オレはそこまで酷くは無いが、言語力と計算能力が制限されているので、中々頭から出て来ない時がある。とある科学の一方通行のアクセラレーターと同じだ!頭を撃ち抜かれてはいないが、宇宙人のインプラントで能力が制限されているし、疲れやすい身体である。おバカキャラで、ぐでたまと同じく、常にダルい。そもそも漢字は日本の物では無いので、もし独立出来たら将来的には文字も言葉も一新して、全く別の文明を築きたい。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。