眞子さまと破談したら「即訴訟」!? 小室圭さんがマスコミにブチ切れ、訴訟乱発の可能性!自分で自分の弁護も…!?

関連キーワード:

,

,

眞子さまと破談したら「即訴訟」!? 小室圭さんがマスコミにブチ切れ、訴訟乱発の可能性!自分で自分の弁護も…!?の画像1
サンデー毎日増刊 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ』(毎日新聞出版)

 秋篠宮家の長女・眞子さまが、小室圭さんとの結婚について何らかの声明を発表するという計画が、暗礁に乗り上げてしまったという。父親の秋篠宮殿下は昨年11月の誕生日会見で「(今年)2月で(結婚問題が生じてから)2年経つわけですね。何らかのことは発表する必要があると私は思っております」と述べていたが…。

「何も聞かされていなかった眞子さまは、秋篠宮殿下の“フライング発言”に激怒。不信感は増す一方で、宮内庁関係者も頭を抱えています。殿下と紀子さまは娘と小室さんがどんなやり取りとしているか全くわからず、声明を出そうにも出せない状況になっているようです」とは宮内庁担当記者。

 このままでは結婚問題の棚上げ、つまり「再延期」が現実味を帯びてくる。前出記者は「小室さんは昨年8月から米・フォーダム大のJD(法務博士)コースに進学。修了する2021年までは、こんな調子でダラダラいくのではないか」と危惧する。

 一方で、眞子さまと小室さんの態度は先鋭化している。先日、小室さんが複数のテレビ局に抗議していたことが判明。「週刊文春」(文藝春秋)によると、問題視したのは各局情報番組が、昨年1月に小室さんが出した母・佳代さんの金銭問題に関する説明文書の中で「解決済みの事柄であると理解」という部分ばかりを強調した点だ。

 小室さんの代理人は「それはあくまでも当時の認識を示しただけ」と言い、「むしろ説明文書の核心は、その後の“今も感謝しており、今後は元婚約者からご理解を得られるように努めたい”にあるのに、そこを報じないのは完全な誤報だ」と主張。名誉棄損による法的措置も辞さない態度に、フジテレビ系「Mr.サンデー」や「バイキング」、TBS系「あさチャン!」などは謝罪と訂正に追い込まれた。現場スタッフが憤る。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ