「貧富の差が激しい国ほどディープキスしまくる」大学研究で判明! ベロチューと経済の意外な関係、日本は?!

「貧富の差が激しい国ほどディープキスしまくる」大学研究で判明! ベロチューと経済の意外な関係、日本は?!の画像1

 キスと経済の予想だにしない関係が明らかになった。なんと、フレンチ・キスをよくする国ほど、所得格差が大きかったというのだ。科学ニュース「Phys.org」(2月28日付)が報じている。

・「Phys.org」(2月28日付)

・「Nature Scientific Reports

 フレンチ・キスとは、互いの舌を口の中に挿入し、舌を絡める濃厚なキスのことだ。通常のキスよりも性愛的な意味合いが強い。日本ではディープ・キスとも呼ばれている。

 キスのようなプライベートなコミュニケーションは個々人によって、その方法は千差万別のような気もするが、この度、英・アバーティ大学の研究者らが6大陸13の国に住む2300人にアンケート調査を行ったところ、所得格差が大きい国ほどパートナーとフレンチ・キスを頻繁にすることが分かったという。

「生活環境がキスのような恋愛的親密さの形式の違いに関係していることが今回の研究で分かりました」

 そう語ったのは、同大学の心理学者クリストファー・ワトキンス博士だ。博士によると、抱擁や性交といった親密さを表す他の形式には所得格差との違いは見られず、キスだけが有意に関係していたという。

「貧富の差が激しい国ほどディープキスしまくる」大学研究で判明! ベロチューと経済の意外な関係、日本は?!の画像2
画像は「Nature」より

 所得格差の判定には所得の不平等さを測る指標「ジニ係数」が用いられた。ジニ係数が大きければ大きいほど所得格差も大きいことを意味する。「Nature Scientific Report」に掲載された論文のグラフには、ジニ係数の低い国としてチェコ、ドイツ、フランス、オーストラリア、ポーランド、イタリア、イギリスなどが上げられている。興味深いことに、最もフレンチ・キスをしないのはフランス人だった。情熱的なイメージのイタリア人も濃厚なキスにはあまり関心がないようだ。反対にジニ係数が高かった国は、コロンビア、チリ、ブラジル、ナイジェリア、アメリカである。こちらはイメージ通りだろう。

 グラフに日本は含まれていないが、ジニ係数からその傾向が推測できそうだ。2007年世界銀行の調査で日本のジニ係数は38,1。先のグラフでちょうど中間ぐらいに位置する。人前でキスしないことで有名な日本人だが、意外とプライベートな空間では濃厚なベロチューをかましている人が多いのかもしれない。

人気連載
「あなたの隠れた本性」が丸裸に! 的中占い師Love Me Doの“心をエグる4択占い”が当たる!

「あなたの隠れた本性」が丸裸に! 的中占い師Love Me Doの“心をエグる4択占い”が当たる!

■あなたの本性 「あなたが知らない場所で、道に迷ったとし...

人気連載
奇習! 子宝に恵まれるまでは「仮の夫婦」、誰と不倫セックスしてもOK! 北日本に実在した特殊な婚姻関係

奇習! 子宝に恵まれるまでは「仮の夫婦」、誰と不倫セックスしてもOK! 北日本に実在した特殊な婚姻関係

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  いつの時代も、日頃...

コメント

3:トランプ大統領 2020年3月4日 12:04 | 返信

例えばコモドドラゴンの様な、口内にバクテリアを保有している奴とは知らずにやってしまって感染し、あの世行きになるかも知れない。コロナウィルスも感染する可能性は有るだろう!全身の寄生虫やバクテリアを全て殺菌駆除しないと安全とは言えないし、アレルギーの可能性も捨て切れないので、同じ生物でなければ出来ない!というか、日本人にそんな趣味は無い。やっているのは外国かぶれのニセ日本人だけだろう。それか洗脳されたブサイクとか?人造人間だから気にしない奴とか?よく歯周病や虫歯菌も気にせず良くやれるものだ。潔癖症のσ(゚∀゚ )オレにはベロチューなど絶対に無理なのである。

2:匿名 2020年3月4日 10:50 | 返信

元ソースを見ればわかるがこれはいたってマジメな研究だぞ

1:匿名 2020年3月3日 12:37 | 返信

tocanaのせいで学者・研究者という職業を誤解するようになってきたなw
もちろん、真っ当な、必要な研究を頑張ってる研究者が大半なんだろうが。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。