3月3日は世界的人気コミック『タンタンの冒険』の作者エルジェが死亡した日! 輸血からHIVに感染…白血病で帰らぬ人に

3月3日は世界的人気コミック『タンタンの冒険』の作者エルジェが死亡した日! 輸血からHIVに感染…白血病で帰らぬ人にの画像1
(画像はWIkipedia Hergéより使用)

『エルジェとタンタンの彫刻(Nat Neujean作)』

 1982年3月3日は、世界的人気コミック『タンタンの冒険』の作者であるエルジェが死亡した日である。


 フランス・ベルギー圏のコミックである「バンドデジネ」の代表的作家であるエルジュはベルギー・エテルベーク生まれのベルギー人作家であり、その代表作である『タンタンの冒険』シリーズは日本を含む80か国以上で翻訳版が発行され、その累計発行部数は3億5千万部以上といわれている。


 そして1982年3月3日の死因は長らく白血病とされていたが、その伝記を2007年に出版したフィリップ・ゴディンによると、1979年に骨髄線維症と診断された際の輸血によってHIV感染をしていた可能性があるという。


 当時はその血液からHIVウィルスを特定する技術がなかったといわれ、エイズによる肺炎で死亡した可能性が高い。


 もちろん現在その真相は明らかになることはないが、3月3日を語る際にもうひとつHIVの話題は存在し、それは1989年から始まった日本における薬害エイズ問題で、被告側の有罪が確定した日なのである(2008年)。


 どちらも性感染症以外の感染ルートが問題化された話題として、記憶すべき《不幸》である。

 

<3月3日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。