【新型コロナ】子供こそ感染拡大の張本人、「一斉臨時休校」は超最善策であることが判明! 安倍首相の名采配が日本を救う

【新型コロナ】子供こそ感染拡大の張本人、「一斉臨時休校」は超最善策であることが判明! 安倍首相の名采配が日本を救うの画像1
画像は「Daily Mail」より

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全国の公立学校の一斉臨時休校が始まった。休校要請の理由について安倍首相は、「子どもたちの健康・安全を第一に考え、多くの子どもたちや教員が日常的に長時間集まることによる感染リスクにあらかじめ備える」と述べたが、一部専門家からはその有効性について疑問の声が上がっている。

 だが、やはり一斉臨時休校は最善策だったかもしれない。英紙「Daily Mail」(3月3日付)によると、子供たちこそ新型コロナウイルスを広めている張本人かもしれないというからだ。

 中国国内で新型コロナウイルスに感染した9歳以下の子供の死亡はこれまで報告されておらず、若年者の感染者も全体の1パーセントに満たない数値だが、香港大学のウイルス学者マリク・ペイリス氏によると、子供たちの感染率が低いからといって「子供たちが感染していないことを意味しない」という。そして、子供たちの感染率が低いことは、周囲の大人たちにとってむしろ困った事態を招くかもしれないのだ。

【新型コロナ】子供こそ感染拡大の張本人、「一斉臨時休校」は超最善策であることが判明! 安倍首相の名采配が日本を救うの画像2
画像は「getty images」より

 潜在的な感染者である子供たちが無症状のまま知らず知らずのうちに周囲にウイルスをばら撒いている恐れがあるからだ。コロナウイルス感染による症状が出れば、検査により感染の有無が確定され、陽性であれば隔離処置がなされる。しかし、無症状のまま検査されずにいれば、隔離できない。ペイリス氏らは、子供たちが新型コロナウイルスの感染拡大において重要な役割を担っていると考えている

「子供たちがウイルスに感染しているならば、それが伝染しないと信じる理由はありません」(ペイリス氏)

 こうした状況であれば、休校中の子供たちが自宅から出ないでいてくれれば、感染は広まりづらくなるだろう。だが、元気いっぱいの子供たちがおとなしく自宅待機しているとは限らない。実際に休校中にゲームセンター、映画館、カラオケに行ってしまう子供たちもいる現状では、効果が半減してしまう恐れがある。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ