3月5日はソ連最高指導者であり独裁者のヨシフ・スターリンが死亡した日! 2000万人以上を殺害、人類史上最悪の“大粛正”

3月5日はソ連最高指導者であり独裁者のヨシフ・スターリンが死亡した日! 2000万人以上を殺害、人類史上最悪の大粛正の画像1
(画像はWikipedia Joseph Stalinより使用。Public Domain)

『スターリンに粛正されたニコライ・エジョフを修整した写真』

 1953年3月5日は、ソビエト連邦第2代最高指導者であり、徹底的な反逆者の弾圧=大粛正を敢行し、有史の中でも指折りの殺人数を誇るといわれている独裁者、ヨシフ・スターリンが死亡した日である。


 何度もの流刑を経験した革命家からレーニンの参謀、そして政敵であったトロツキーとの後継者争いを制し、ソ連の最高指導者に登り詰めたスターリン。


 国外での戦争被害者を併せれば2,000万人以上もの死者を出した人物ともいわれ、ヒトラー、毛沢東と並び、今もなお世界史にその悪名をとどろかせている。


 その治世は“人類史上最悪”ともいわれるものであり、自国民への“大粛正”は最も夥しいとされる1937年〜1938年だけでも70万人以上を処刑したという。


 その恐ろしさを象徴するのがこの2枚の写真であり、左写真でスターリンの左側に写るNKVD(内部人民委員)長官のニコライ・エジョフが、修正によって右写真では消え去っているのである。
NKVDといえば国内の風紀を取り締まる秘密警察であり、スターリンの大粛正の中心となった組織である。


 その長ですら国の正史からは抹殺されているのである。


 この異常なまでの猜疑心の強さがスターリンの大粛正の原因のひとつであり、この写真のような事実が存在する限り、現在確認できる犠牲者の数は全く当てにならないということだろう。

 

<3月5日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。