イラン政府「同性愛は病気。身体的治療が必要」! 根絶&浄化のため“強制”性別適合手術が横行、壮絶すぎる現状とは!?

 イランは、1987年にトランスセクシュアリティを合法化した国だ。驚くことに、性別適合手術の数は、タイに次いで2番目に多い国であるのだが――。

■イラン政府「同性愛は病気であり身体的治療が必要」

 では、イランはトランスセクシュアルの人々に対して、寛容で理解のある国なのか、と思うがそうではない。イランは同性愛を「浄化する必要のある病気」ととらえ、同性愛者に性適合手術を強制しているのである。

イラン政府「同性愛は病気。身体的治療が必要」! 根絶&浄化のため強制性別適合手術が横行、壮絶すぎる現状とは!?の画像1
テヘランの医師が19歳のトランスセクシャル患者を診察している。何千人もの同性愛者が手術を受けることを強制されている 「The Sun」の記事より

 イランでは同性愛は犯罪行為であり、同性愛の事実を認めた場合は死刑を含む刑罰を受けるという。それはイスラーム法(シャリーア)によって、同性愛が禁止されていることに由来するらしい。同性愛者は公開処刑として、路上でクレーンにつるされ絞首刑にされたこともある。その結果、同性愛者の中に絞首刑への恐怖が植え付けられた。

 著名なLGBT活動家は、イランが行っているこの手術を、同性愛嫌悪による不適切な行為であると英「The Sun」紙に告発する。

 イラン生まれのLGBT活動家シャディ・アミン氏は、1979年のイスラム革命の後にイランから亡命した。アミン氏は、宗教的過激主義によって支配されているイラン政権は、同性愛者を「病気」と見なし、その人の性別を変えることが唯一の治療法と考えていると語る。

「政府は、同性愛者の男性の魂は女性なので、体を変えるべきだと信じているのです」(アミン氏)

 アミン氏は、政権はLGBTの人々に2つの選択肢を与えているという。それは同性愛者として逮捕され処刑されるか、性別を変えるかである。そして政権は、国内の同性愛者の「浄化」を願っていると説明する。

 イラン政府も欧米から、同性愛者への刑罰を批判されていることは知っている。そのため、彼らは目立つ処刑よりも、こっそりと外科手術を行ってしまいたいのが本音だという。

 アミン氏は、性転換を奨励するイランの政策意図は、決してトランスジェンダーの人々を支援することではないと指摘する。

イラン政府「同性愛は病気。身体的治療が必要」! 根絶&浄化のため強制性別適合手術が横行、壮絶すぎる現状とは!?の画像2
かつてナセルという名の男性だったトランスジェンダーの女性、ハスティ 「The Sun」の記事より

 LGBT研究者によると、イラン人権委員会委員長を含むイラン政府は「問題を解決したい。同性愛は病気であり、身体的治療が必要だ」と公言しているという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ