【閲覧注意】実在した「殺人サンタ」ブルース・マッカーサーが凶暴すぎる! 8人を拷問殺害、ヒモ、金属棒、男性器撮影…

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 カナダ・トロントに住むブルース・マッカーサーは、腕の良い造園家で、サンタクロースの扮装が似合う陽気な男として周囲に知られていた。だが、毎年クリスマスにサンタクロースになって子供たちを喜ばせていた男は、少なくとも8人の男性を手にかけた連続殺人犯であった——。

ブルース・マッカーサー。画像は「7news.com」より引用

■自分の感情を封印し続けた前半生

 マッカーサーは1951年、カナダ・オンタリオ州の農場で生まれ育った。自身が同性愛者だと気づいたのは子供の頃だったというが、両親ともに敬虔なキリスト教徒であり、保守的な田舎町で育った彼が同性愛を受け入れるには、それから長い時間がかかったようだ。

 23歳の時、マッカーサーは結婚し、トロント近郊でバイヤーとして働き始めた。やがて娘と息子が生まれ、家族のためオシャワに家を購入した彼は自らの感情に蓋をするように、セールスマンとして各地を転々としながら熱心に働いた。

 だが、時代の流れもあったのだろう。1990年初頭、マッカーサーはついに自分の感情に正直になることを決め、一転して男性とのセックスを楽しみ始めたのである。妻にも同性愛者であることをカミングアウトした。妻は一度は夫を受け入れたようだが、マッカーサーの仕事がうまくいかなくなって経済的に破綻すると、夫婦はうまくいかなくなって1997年に離婚した。

■目覚めていく暴力性

 30年連れ添った妻と離婚したマッカーサーは、オシャワの家を出てゲイコミュニティが盛んなことで有名なトロントに移住した。マッカーサーはゲイバーに盛んに出入りする一方、出会いの場として盛り上がり始めていたインターネット上でも相手を探すようになった。

 マッカーサーはSMや緊縛といったジャンルに興味を持っており、その趣味がエスカレートしたのだろうか、2001年のハロウィンに、チャットで知り合った男性のセックスワーカーを鉄パイプで数回殴ってケガをさせている。逮捕されたマッカーサーはこの事件のことを「覚えていない」と証言しており、セックスの前に摂取した薬物の影響があった可能性もある。マッカーサーはこの事件で有罪判決を受け、6カ月の外出禁止と3年間の保護観察となった。

 ケガをさせた男性との接触禁止令が出されて行動範囲が狭まった上、ゲイコミュニティからも追放されたマッカーサーは、しばらくの間セックスワーカーたちと接触することができなくなった。その一方で、トロントに来てから始めた造園業は好調で、時々人を雇わなければならないほど繁盛していた。

コメント

1:トランプ大統領 2020年3月8日 10:49 | 返信

σ(゚∀゚ )オレ系のキャラだな!ゲイを拷問してたのは、チョンを吐かせようとしていたのか?
分からんが、こんなので終わってはもっと沢山の人を幸せにすることは出来ない!
やはりここはサンタさんとしては…チェーンガンでやるしかない!
メリークリスマス!ウィ~ン!バババババババババババ…キュンキュンキュンキュンキュンキュン!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?