新型コロナ禍で「RADWIMPS」野田は自己破産? 椎名林檎は「五輪スーパーバイザー」の肩書剥奪か!?…業界全体がやばい!

新型コロナ禍で「RADWIMPS」野田は自己破産? 椎名林檎は「五輪スーパーバイザー」の肩書剥奪か!?…業界全体がやばい!の画像1

 猛威をふるう新型コロナウイルスの影響で、芸能界が崩壊の道をたどっている。

 日本政府が大型イベントの開催自粛を要請した2月26日には「Perfume」と「EXILE」がドーム公演を中止。 ジャニーズでは3月7日と8日の「NEWS」宮城セキスイハイムアリーナ公演などが5月に延期となった。また、大阪文化館・天保山で開催中の「嵐」の展覧会は3月9日まで一時休止に。東京グローブ座で行われている「Kis-My-Ft2」のメンバー4人が出演する舞台「○○な人の末路」は3月8日まで休演となる。今後の状況次第で休演期間はさらに延びそうだ。

 悲惨なのは「前前前世」のヒット曲で知られる「RADWIMPS」。メーンボーカルの野田洋次郎は「自然災害等と違ってウィルスは興業の保険適用外となる。ドーム4カ所を含む今回のツアー、全部中止にした場合ウチのような個人事務所が生き残る可能性はどのくらいあるんだろうかと考える」とツイート。続けて「もし自己破産したらさぁ次は俺何して生きていこうかとほんの少し本気で考えてみたりもする」と述べている。

 RADWIMPSの所属事務所「有限会社ボクチン」は、RADWIMPSだけを扱う個人事務所だ。ツアーは3月20日から5月24日まで、4大ドーム含む7か所で予定されている。音楽関係者の話。

「こういう時、個人事務所は辛い。新型コロナのようなウイルス蔓延は天変地異ではないので保険の対象外。ドーム公演は1回満員にしても元が取れない。連続してやって物販も売れない限り、ペイできない。それが中止となれば、損害は計り知れない。野田氏の言う自己破産も大袈裟な話ではないと思う」

 国内最大級のファッションイベント「東京ガールズコレクション(TGC)」も大変なことになった。当初は殺菌効果のある噴霧器を使った感染症対策をした上で開催する予定だったが、厚労省のイベント自粛要請を受け、方針転換。先月29日に東京・国立代々木競技場第一体育館で無観客開催されたが…。

「モデルが無音空間を表情一つ変えずに歩いていた。有名ブランドなどのスポンサー企業からすでにお金をもらっているので、中止するわけにはいかない。当日はLINEによるインターネット動画中継を行ったが、どこまで利益に結びつくかは不透明。運営側は『このままだと潰れる』と警戒心をあらわにしています」(スポーツ紙記者)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ