新型コロナ禍で「RADWIMPS」野田は自己破産? 椎名林檎は「五輪スーパーバイザー」の肩書剥奪か!?…業界全体がやばい!

 椎名林檎率いる「東京事変」は、先月29日に東京国際フォーラムでコンサートツアー初日を強行。マスク姿の観客で満員だったというが、是非をめぐっては賛否両論渦巻いた。

 結果的に東京事変は4日、ツアーのうち月内に予定していた大阪など3カ所の計5公演を中止。決定打となったのは、大阪市のライブハウス「Arc」でクラスター感染が発生したことだ。先月15~16日に同所で行われたライブの参加者からこれまで14人の感染者が出ている。

「今後のツアー日程には大阪も入っており、万が一、観客から感染者が出たらシャレにならない。彼女は東京五輪の開会式・閉会式の演出を手掛ける『クリエーティブスーパーバイザー』を務めており、これ以上、ツアーを強行していたら剥奪される危険があった。あとはすでに行った東京公演の観客から感染者が出ないことを祈るばかりだろう。仮に出れば、アーティストとして責任問題に発展するのは免れない」(事情通)

 コロナ禍で経営が逼迫するプロダクションは続出している。まずは個人事務所が潰れ、次に中堅プロダクション、大手事務所も夏のボーナスはゼロを覚悟しているという。このままでは芸能界がおかしなことになってしまう――。

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

新型コロナ禍で「RADWIMPS」野田は自己破産? 椎名林檎は「五輪スーパーバイザー」の肩書剥奪か!?…業界全体がやばい!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで