3月7日は韓国の女優チャン・ジャヨンが首吊り自殺を遂げた日! 30人以上への性接待を強要され…

3月7日は韓国の女優チャン・ジャヨンが首吊り自殺を遂げた日! 30人以上への性接待を強要され…の画像1
(写真はドラマ『花より男子』韓国TNSテレビ/2009年 より使用)

『ドラマ「花より男子」でサニー役を演じるチャン・ジャヨン(写真左)』

 2009年3月7日は韓国の女優チャン・ジャヨンが首吊り自殺を遂げた日である。


 2009年1月から韓国TNSテレビで放送された『花より男子』でヒロインのクム・ジャンティの敵役3人組の一人を好演し、将来を嘱望された若手女優のひとりであったジャヨン。


 途中からは30パーセントを超える高視聴率を記録し続けた国民的人気ドラマとなった同作の放映期間中に、その悲劇は訪れた。


 3月7日の昼に姉との電話でストレスを告白していたジャヨンは、その日の夜には自宅階段で首を吊ってるところを心配して駆けつけた姉に発見されたのである。


 そしてその死後、彼女の残した手紙で芸能事務所から性接待を強要されていたことが発覚。


 所属事務所代表に逮捕状が出され、その強要を実行していたと思われる担当マネージャーが自殺未遂を犯すなど、その自殺は、韓国芸能界を揺るがす一大スキャンダルへと発展した。


 その後の取り調べと後半でどちらも不起訴に終わったものの、2018年に世界的なムーブメントとなった「MeToo運動」を受けて再びこの問題は再燃し、再捜査を求める国民の声により事件に圧力をかけたとされる元朝鮮日報記者が逮捕されている。


 手紙によれば30人を超える男性への性接待を強要されたというジャヨン。


 一説にはドラマでのいじめっ子的な役割もストレスの原因であったと言われているが、そのストレスだけが死因でないことは明らかである。

 

<3月7日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。