【閲覧注意】史上最狂の「猟奇的・生配信事件」発生! たった今、肉切り包丁でぶった切って殺した人間と一緒に…=印

関連キーワード:

,

,

,

,

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】史上最狂の「猟奇的・生配信事件」発生! たった今、肉切り包丁でぶった切って殺した人間と一緒に…=印の画像1画像は、「BestGore」より

 インドのケーララ州コラムで猟奇的な事件が発生した。男が親族を殺害し、その遺体を撮影した動画を動画共有プラットフォーム「Likee」で生配信したのだ。この動画は現在、海外の過激ニュースサイト「BestGore」などで公開されている。

 動画に映っているのは、アブドゥル・アリ容疑者と彼に惨殺されたジャラルディンさんの遺体である。2人ともアッサム州出身で、コラムのアンチャル地区にある肉屋で働いていた。ある日、彼らは電話で口論していたが、それがエスカレートして大ゲンカとなった。アブドゥル容疑者は、鶏肉を切るための肉切り包丁でジャラルディンさんを殺害した後、現場を撮影し、その動画をSNSで公開し、さらには友人たちに送った。アブドゥル容疑者は自殺を試みたが救出され、ケーララ州の州都ティルヴァナンタプラムにある政府医科大学病院へ搬送された。命に別状はないという。ジャラルディンさんの遺体は司法解剖が行なわれた後、故郷のアッサム州に住む親族のもとへと送られた。

 昨今、殺人や自殺の生配信が頻発しており、FacebookやTwitterなどのSNSでは対処に苦慮している。ユーザー向けのサポートシステムを整備したり、削除対象コンテンツをAIで自動検出したりして、殺人や自殺に関連する映像が拡散されないようにするも根本的解決には程遠い。しかも、近年利用者が増加しているショートムービープラットフォーム「TikTok」では、こうした予防措置が十分に整備されていなかったため、昨年夏、ブラジル・パラナ州クリチバに住むブロガー、ジョアンさん(19)の自殺生配信動画は1時間半以上も公開されたまま放置された。問題の日、TikTokを運営するByteDance社は、当局やジョアンさんの家族に連絡するのではなく、事件が会社のイメージを損なうことを防ぐために行動したという。これが原因でTikTokは非難にさらされた。

 SNSの発達によって、意図せずして殺人や自殺の決定的瞬間を目にしてしまうこともあるだろう。だからといってこれらの動画を忌避して排除するのではなく、その背後にある“闇”や“歪み”に目を向けることも必要ではないのだろうか。

(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】史上最狂の「猟奇的・生配信事件」発生! たった今、肉切り包丁でぶった切って殺した人間と一緒に…=印のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?