3月8日は伝説的メジャー・リーグ選手ジョー・ディマジオが死亡した日! マリリン・モンローとの“世紀の結婚”、死の間際まで恋人を思い続け…

3月8日は伝説的メジャー・リーグ選手ジョー・ディマジオが死亡した日! マリリン・モンローとの世紀の結婚、死の間際まで恋人を思い続け…の画像1
(写真はWikipedia Joe Dimaggioより使用。Public Domain)

『1954年の「Now magazine」誌に掲載された結婚当時のジョー・ディマジオとマリリン・モンロー』

 1999年3月8日は、メジャー・リーグを代表するスーパー・スターとして活躍した伝説的な選手、ジョー・ディマジオが死亡した日である。


 引退直後のベーブ・ルースと入れ代わりに1936年にメジャーリーグデビューし、ニューヨーク・ヤンキースの中心的存在として3度のMVP、2度の首位打者、2度の本塁打王、2度の打点王を獲得するなどの活躍でチームを9度のワールド・シリーズ制覇に導いた強打の外野手で、56試合連続安打といういまだ破られない大記録を保持している大選手であるが、その数字以上の存在感を社会的に発揮した人物であった。


 その象徴的なエピソードが当時のハリウッドで爆発的な人気を誇ったトップ女優、マリリン・モンローとの“世紀の結婚”であり、ハネムーンで来日するなど、日本を始めとした世界中の話題をさらった。


 しかし、大スター同士の結婚でありがちなことにお互いの自尊心の高さから結婚生活は長続きせず、わずか274日で離婚。


 しかし離婚後も二人の結びつきは強く、1962年8月5日にモンローが怪死を遂げた際には、再婚をする予定であったといわれ、モンローと交際していたジョン・F・ケネディ元大統領をその原因として非難していたという。


 そして自らが1999年3月8日に肺ガンで死亡する際、最後の言葉は”I finally get to see Marilyn”(やっとマリリンに会える)であった。


 わずか1年にも満たない結婚から45年後の言葉とは思えない、強い結びつきを感じさせるディマジオの最後の言葉であった。

 

<3月8日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

3月8日は伝説的メジャー・リーグ選手ジョー・ディマジオが死亡した日! マリリン・モンローとの“世紀の結婚”、死の間際まで恋人を思い続け…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで