3月9日はラッパー“ノトーリアス・B.I.G.”が射殺された日! ヒップホップ東西抗争の暗い殺人の連鎖

3月9日はラッパーノトーリアス・B.I.G.が射殺された日! ヒップホップ東西抗争の暗い殺人の連鎖の画像1
(写真はノトーリアス・B.I.G.『Ready to die』1994年/バッド・ボーイ・レコーズ)

『1994年に発表されたノトーリアス・B.I.G.のデビューアルバム「Ready to die」のジャケット』

 1997年3月9日は、“ノトーリアス・B.I.G.”の名で知られたラッパーのクリストファー・ウォレス、愛称“ビギー・スモールズ”が何者かにより射殺された日である。


 1990年代後期に隆盛したヒップホップを牽引したラッパーの代表格であるビギーは、ニューヨークで育った幼少期から麻薬の売人をするなどストリートの暗部で育ち、少年時代には逮捕経験もあったが、その生まれ持ってのMCとしての才能を活かし1994年にデビューアルバム『レディ・トゥ・ダイ』をリリース。


 同作は当時西海岸の音楽とされていたヒップホップ・シーンにおいて、東海岸シーンを台頭させるには十分の名作となった。


 しかしビギーやディディ(パフ・ダディー)、そして高校時代からの盟友ジェイ・Zによる東海岸グループの台頭はトゥパックに代表される西海岸ラッパーとの激しい二極抗争を引き起こし、音楽を通じての過激な争いは、実際の殺人事件の応酬に発展してしまい、ヒップホップ界に今も続くといわれる“暗い殺人の連鎖”が幕を開けたのだった。


 まずは1996年9月7日のボクシングの試合、マイク・タイソンーブルース・セルドン戦の観戦後の帰路で横付けされたキャデラックから4発の発砲を浴びてトゥパックが死亡。


 それ以前から舌戦を繰り広げていたビギーの犯行が疑われたが、本人は否定した。そしてその翌年の1997年3月9日、今度はビギーを凶弾が襲う。


 ロサンゼルスで行なわれたヒップホップ雑誌『VIBE』主催の「Soul Train Music Award」パーティーに出席した帰途、ビギーを乗せたSUVが赤信号で停止中に横付けされたシボレーインパラに乗った青いスーツの黒人が窓を開け、ビギーを射撃。


 4発の銃弾を被弾したビギーは、セカンドアルバムリリース直前に死亡した。


 近年リークされた死亡診断書によると、被弾したのは大腸(陰嚢)、肝臓、心臓、左肺であったことが判明した。


 その死の1時間前に電話していたというジェイ・Zによると、東西抗争の果てに西海岸へ来られたことを心から喜んでいたと言われる。


 ストリートで育ち、デビューアルバムのタイトル通りに、常に死と隣り合わせの人生を歩んできたビギーであったが、自らの予想、そして周囲の予想を裏切らない悲劇的な最期は、ショッキングでありながら予期できたとも言えるものであった。


 赤子の時にはもう死ぬ準備はできていたと言わんばかりの『Ready to die』のジャケット。
積み重ねられたそのリアルな惨劇の上に、現在のヒップホップの隆盛は築かれている。

 

<3月9日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。