【閲覧注意】「異食症」患者の最恐・手術映像が公開されてしまう! 胃の中から“信じられない”ものが次々と…=インド

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】「異食症」患者の最恐・手術映像が公開されてしまう! 胃の中から信じられないものが次々と…=インドの画像1画像は、「BestGore」より

「新疆四大美女」の一人であるウイグル人女優、古力娜扎(グーリー・ナーザー)さんは今月、テレビ番組で自らの特殊な“食への拘り”を告白した。彼女はティーバッグの中に詰められた茶葉を食べるのが好きで、1日に50袋分を食べてしまうこともあるという。幼い頃からティーバッグの中身を食べたかったと話す彼女について、医師は「異食症」の可能性があると指摘する。

 異食症とは、土や紙、毛髪、石鹸など、食糧ではないものを無性に食べたくなる症状である。異食症の一種に氷を無性に食べたくなる「氷食症」があり、こちらは妊婦がしばしば発症する。氷食症の原因は鉄分の不足とみられているが、原因不明のケースも少なくない。異食症でも、茶葉や氷であれば比較的害は少ないが、鉄やガラスなどを食べるのは危険である。そんな異食症の恐ろしさを実感させられる動画を海外の過激ニュースサイト「BestGore」から紹介しよう。

 インドで撮影されたという動画には外科手術の様子が映っている。患者の腹部が切開されると、その奥には無数の金属の光沢が見える。ピンセットで摘まみ出されたのは、なんと、安全ピンだった! 次から次へと出てくる安全ピン――。ステンレス膿盆からあふれ返るほどの量である。誤って飲み込んだという量ではない。患者は毎日好き好んで安全ピンを食べ続けたのだろう。

 グジャラート州の都市アフマダーバードでも昨年8月、同様のニュースが話題となった。精神病を患っていた28歳男性が胃の痛みを訴え、精神病院から総合病院へ転院し、入院後すぐにX線検査を受けた。彼の胃の中から金属製品が検出されたため、4人の医師で構成されるチームが外科手術を実施することとなった。3時間に及ぶ手術では、コインやピン、バネ、イヤリング、点火プラグピンなど、452個もの金属製品が摘出された。その重さはなんと合計3.5キロ! 医師は、この男性は7、8カ月前から金属製品を食べ続けていたのではないかと話す。

 異食症は精神的ストレスや脳腫瘍、寄生虫などの影響で発症することもある。普通の食べ物とは異なるものを無性に食べたくなったら、まずは医療機関に相談してみるのが賢明だろう。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?