新型コロナ「米国の生物兵器」説をイラン、ロシア、中国の国営メディアが一斉報道! 一方、米国では陰謀論者が逮捕される

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)については正しい理解と慎重な行動が求められているのだが、この現象について悪意のある偽情報が発信されていたり、混乱させる目的で流布されていたりもするので、そうした情報にはくれぐれも気をつけなければならない。

 

■“反米国家”が流す偽情報

 社会的な脅威や混乱に際しては、随時届けられてくる情報を慎重に見極めなければならない。誰もが最新の情報を欲しがっている時だからこそ、誤報や悪意のある偽情報もはびこりやすくなっているのだ。今回のウイルスの件でも、どこからか発信された情報でトイレットペーパーが品薄になるという笑えない事態を迎えた。

 情報について普段よりも慎重な態度が求められている時に、非常に気になる情報が届いている。今回の新型コロナウイルスについて、ロシア、イラン、中国の国営メディアが、アメリカによる“生物兵器説”をほぼ同時といえるタイミングで報じているのだ。

 中国政府の公式の発表では、今回の新型コロナウイルスは武漢の食品市場で売られていたコウモリ肉から発生したと説明しているのだが、その中国をはじめロシアとイランの国営メディアでは、新型コロナウイルスについて、アメリカに批判の矛先を向けている。新型コロナウイルスはアメリカの生物兵器であり、アメリカが政治的な利益のために武漢にまいたものであるというのだ。

 ロシア、イラン、中国といえば代表的な“反米国家”であり、昨年末にはインド洋とオマーン湾で4日間の共同軍事演習を行ったことも世の注目を集めた。この3つの反米国家はCOVID-19をアメリカを非難するための材料に利用しているということなのだろうか。

「Defense One」の記事より


 アメリカの国防系メディア「Defense One」の記事によれば、中国よりもロシアとイランにおいてアメリカへの非難は陰謀論的色彩を濃くしているという。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

新型コロナ「米国の生物兵器」説をイラン、ロシア、中国の国営メディアが一斉報道! 一方、米国では陰謀論者が逮捕されるのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル