新型コロナ「米国の生物兵器」説をイラン、ロシア、中国の国営メディアが一斉報道! 一方、米国では陰謀論者が逮捕される

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)については正しい理解と慎重な行動が求められているのだが、この現象について悪意のある偽情報が発信されていたり、混乱させる目的で流布されていたりもするので、そうした情報にはくれぐれも気をつけなければならない。

 

■“反米国家”が流す偽情報

 社会的な脅威や混乱に際しては、随時届けられてくる情報を慎重に見極めなければならない。誰もが最新の情報を欲しがっている時だからこそ、誤報や悪意のある偽情報もはびこりやすくなっているのだ。今回のウイルスの件でも、どこからか発信された情報でトイレットペーパーが品薄になるという笑えない事態を迎えた。

 情報について普段よりも慎重な態度が求められている時に、非常に気になる情報が届いている。今回の新型コロナウイルスについて、ロシア、イラン、中国の国営メディアが、アメリカによる“生物兵器説”をほぼ同時といえるタイミングで報じているのだ。

 中国政府の公式の発表では、今回の新型コロナウイルスは武漢の食品市場で売られていたコウモリ肉から発生したと説明しているのだが、その中国をはじめロシアとイランの国営メディアでは、新型コロナウイルスについて、アメリカに批判の矛先を向けている。新型コロナウイルスはアメリカの生物兵器であり、アメリカが政治的な利益のために武漢にまいたものであるというのだ。

 ロシア、イラン、中国といえば代表的な“反米国家”であり、昨年末にはインド洋とオマーン湾で4日間の共同軍事演習を行ったことも世の注目を集めた。この3つの反米国家はCOVID-19をアメリカを非難するための材料に利用しているということなのだろうか。

「Defense One」の記事より


 アメリカの国防系メディア「Defense One」の記事によれば、中国よりもロシアとイランにおいてアメリカへの非難は陰謀論的色彩を濃くしているという。

コメント

5:匿名 2020年3月22日 00:57 | 返信

>>4
そういうのも反米国家が作る陰謀論と変わらん

4:匿名 2020年3月21日 11:55 | 返信

そもそも中国が香港に仕様する為に作った物。
ここまでの感染力とは思わなかったのだろうが後の祭り。

3:匿名 2020年3月21日 09:06 | 返信

>>2
トランプ大統領を名乗るんなら文体も真似ろ、ツマラン奴だな

2:トランプ大統領 2020年3月21日 07:01 | 返信

オリンピックは中止にならねー方がいいんだよ。
世界の笑もの国家になる為にな!
クレイジージャパンをとくとご覧あれ!

1:トランプ大統領 2020年3月20日 02:14 | 返信

フェイクニュースだな。陰謀論者も、ただの飲酒運転だし、何の問題もない。
どういった理由でアメリカ軍の兵器だと言えるんだ?それと、他の記事だとカナダ製だと言っていたではないか!カナダ製を権力闘争の末に使用したと、あれもよく分からん。
やはり、怪しいのは武漢の細菌研究所であるし、ウィルスが何処からやってきたものなのか?
特定してもらいたいものだ。σ(゚∀゚ )オレにはどうでも良い話だが、どうせチョンの野郎がオリンピック中止にしたいが為に作り出したに違いない。とりあえず、この調子だと今年は無理そうだから、二年後に延期して調整した方が良い。残念だが、チケット買った人はこの場合は払い戻しが出来ないし、チケットを再度購入してもらう可能性がある。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。