新型コロナが眞子さまと小室圭さんを直撃! 結婚5年先延ばしか…秋篠宮夫妻が突き付けた結婚条件とは!?

関連キーワード:

,

,

,

新型コロナが眞子さまと小室圭さんを直撃! 結婚5年先延ばしか…秋篠宮夫妻が突き付けた結婚条件とは!?の画像1
サンデー毎日増刊 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ』(毎日新聞出版)

 新型コロナウイルスの世界的蔓延を受け、すっかり後回しにされてしまったのが、秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんの結婚問題だ。

 秋篠宮殿下は昨年11月に行った“誕生日会見”で、騒動から2年か経過する今年2月に「何らかの発表が必要だ」と述べたが、それも新型コロナによって、うやむやに。宮内庁関係者は「あれは秋篠宮殿下のフライング。何かしらの声明を出すのは眞子さまで、その眞子さまが(声明を)出すことに同意していなかった。2月を過ぎてもいまだに音沙汰ないのは、事態が難航しているためです」と話す。

 仮に結婚でもコロナ禍が日本に暗い影を落としている以上、祝福の声は限定的。ともすれば「自粛期間に発表するな」という声も上がりそう。秋篠宮殿下の言う〝何らかの発表〟は、したくてもできない状況にある。

 そんななか、秋篠宮夫妻が結婚を認める代わりに、小室さんに〝ある条件〟を付きつけたと言われている。その条件とは、小室さんの経済的自立と日本を拠点に生活すること。皇室担当記者が明かす。

「小室さんの母・佳代さんの借金問題は一旦棚上げし、小室さんが正業についてから返済することにする。弁護士資格取得のため米フォーダム大に留学中の小室さんは、資格取得後も米国にとどまり、向こうで『小室法律事務所』を開業。そこに眞子さまを呼び寄せる計画もあると一部で報じられたが、秋篠宮殿下としては娘を自分たちの目の届くところに置いておきたい。結婚するならば、日本国内で生活することを条件に挙げているそうだ」

 そうなると、2人の結婚時期はさらに伸びることなる。小室さんの留学修了は2021年5月。その後7月に司法試験があり、秋頃に合格発表が予定されている。ここで受かれば、2022年1月に米国で弁護士登録ができるが、日本で弁護士として働くには、ここからさらに3年、特例を使っても2年間は米国での実務経験が必要だ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ