3月21日は「シャープビル虐殺」が起きた日! 南アフリカ政府による市民の大量虐殺…

3月21日は「シャープビル虐殺」が起きた日! 南アフリカ政府による市民の大量虐殺…の画像1
(画像はGodfrey Rubens『Painting depicting victims of the massacre』)

ゴドフレイ・ルーベンス作『シャープビル虐殺』

 1960年3月21日は、南アフリカ政府による市民の大量虐殺「シャープビル虐殺」が起きた日である。

 1952年に黒人市民のみに身分証の形態を義務づけたパス法を成立させ、アパルトヘイトを推し進める当時の南アフリカ政府に抗議するため、1960年に身分証を持たずにシャープビルの警察前に集ったPAC(パン・アフリカニスト会議)のメンバーとそのフォロワーは、5,000人とも7,000人ともいわれる膨大な群衆となっていた。

 そのデモ隊に向けて解散を申し渡した警官たちであったが、もとより逮捕覚悟の群衆たちが解散するはずもなかく、やがて警察は群衆に向けて発砲を開始。市民69人が死亡し、180人以上が負傷するという大惨劇となった。

 この事件を受けて南アフリカ全土で抗議活動が勃発、18,000人以上の市民が拘束され、南アフリカ政府は非常事態を宣言することになった。

 この異常事態を重くみた国際社会は、国連安全保障理事会で決議134を可決し、南アフリカ政府の「シャープビル虐殺」を非難。

 南アフリカは国際社会からの孤立を余儀なくされ、将来的にアパルトヘイト廃止への道を模索してゆくことになった。

 そして1966年の国連総会で、「シャープビル虐殺」の起きた3月21日を「国際人種差別撤廃デー」とすることが決議され、南アフリカでも1994年以降は3月21日を「人権の日」とした。

 この世界的にも国民的にも忘れることができなくなったシャープビルの悲劇を乗り越え、1996年に黒人初の南アフリカ大統領に就任したネルソン・マンデラは、虐殺の地であるシャープビルで新憲法への署名を行なった。

 それは、南アフリカ史以来最大の《悲劇》の舞台を忘れぬために《未来への出発点》に塗り替えるという、素晴らしい発想であった。

 

<3月21日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ