3月22日は詩人・劇作家のヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテが死亡した日! 生への執着が現われた“エロスの断末魔”

3月22日は詩人・劇作家のヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテが死亡した日! 生への執着が現われたエロスの断末魔の画像1
(画像はWikipedia Johann Wolfgang von Goetheより使用。Public Domain)

『ゲーテ作「ファウスト」の挿絵/画=ハリー・クラーク』

 1832年3月22日は、ドイツを代表する詩人であり劇作家のヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテが死亡した日である。


 不倫と悲恋に煩悶し自殺を選ぶ学生の『若きウェルテルの悩み』等、若くして既にヨーロッパ中に知れ渡る人気作家であったゲーテであるが、その人生をかけて成し遂げた偉業といえば、二部構成からなる長大な戯曲『ファウスト』である。


 ドイツに15世紀頃から伝わっていたとされる『ファウスト伝説』を取材、再構築し、若き頃からのテーマである《人間の生きる価値》についてを、ファウスト博士、善良な娘グレートヒェン、そして人間を誘惑する悪魔メフィストーフェレスのやりとりで描いている。


 この挿絵の下にある「Have you not led this life quite long enough ?(もう十分に長く生きてこなかったのか?)」は劇中でメフィストがファウストに問う言葉のひとつであり、このような問いかけを通じて人生の弱みと脆さ、美しさが綴られていく大作が『ファウスト』なのである。


 果たして、ゲーテの人生は悩みの中にありながら、常に自らの欲望のサイドに突き動かされる極めて“人間らしい”ものであった。


 自殺を思い立つほどの悲恋に苦しんだ学生時代も、盟友シラーの死に半身を削がれるような絶望を味わいもしたが、ゲーテは常に死を選ばず、その不幸を自らの作品に落とし込み、また次の恋愛(=生)へと移っていくのである。


 それは80歳にして17歳の少女に失恋したということでも明らかである(もちろん作品にした)。
82歳で死亡する際にも「もっと光を!」と言ったとされるゲーテだが、それはおぞましいほどの生への執着が現われた“エロスの断末魔”ともいえるのではないだろうか。

 

<3月22日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ